南太平洋委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南太平洋委員会(みなみたいへいよういいんかい、英:South Pacific Commission)は南太平洋に植民地を持つ、もしくはかつて持っていた英国米国フランスオランダオーストラリアニュージーランドの6ヶ国(後にオランダは脱退)が、1947年に域内の社会・経済・文化的向上を目的として創設した機関。政治問題は取り扱わない暗黙の原則があった。

年1回南太平洋会議を開催する。後に、旧植民地から独立した政府・自治政府(サモアナウルフィジーパプアニューギニアソロモン諸島ツバルクック諸島ニウエ)が参加。本部はニューカレドニアヌーメア

1998年に太平洋共同体に発展拡大した。

関連項目[編集]