鈴木宣弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 宣弘(すずき のぶひろ、1958年10月25日[1] - )は、日本の経済学者東京大学大学院農学生命科学研究科教授。専門は農業経済学[2]

三重県志摩市出身[2]東京大学農学部卒。農林水産省入省。九州大学農学部助教授、教授を経て、2006年9月から東京大学大学院農学生命科学研究科教授。夏季はコーネル大学客員教授。1995年(平成7年)、東京大学博士(農学)。博士論文は「生乳市場の不完全競争の実証分析」。日本学術会議連携会員。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『WTOとアメリカ農業』(筑波書房, 2003年)
  • 『FTAと日本の食料・農業』(筑波書房, 2004年)
  • 『現代の食料・農業問題〜誤解から打開へ〜』(創森社, 2008年)
  • 『ここが間違っている!日本の農業問題』(家の光協会, 2013年)
  • 『食の戦争 米国の罠に落ちる日本』(文藝春秋, 2013年)

共著[編集]

  • 木下順子共著『よくわかるTPP48のまちがい―TPPが日本の暮らしと経済を壊すこれだけの理由』(農山漁村文化協会, 2012年)
  • 天笠啓祐山岡淳一郎色平哲郎共著『TPPで暮らしはどうなる?』(岩波書店, 2013年)

編著[編集]

  • 『FTAと食料――評価の論理と分析枠組』(筑波書房, 2005年)

最近のTV出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.323
  2. ^ a b 「紀南の農協など反TPP講演会 来月8日、熊野で」朝日新聞2013年5月25日付朝刊、熊野版31ページ

外部リンク[編集]