ラール・バハードゥル・シャーストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラール・バハードゥル・シャーストリー
Lal Bahadur Shastri
Lal Bahadur Shastri (cropped).jpg
生年月日 1904年10月4日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国
アーグラ・アワド連合州ムガルサライ
没年月日 (1966-01-11) 1966年1月11日(61歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦タシュケント
所属政党 インド国民会議

インドの旗 第2代首相
在任期間 1964年6月9日 - 1966年1月11日
大統領 サルヴパッリー・ラーダークリシュナン

インドの旗 内務大臣
内閣 ネルー内閣
在任期間 1961年4月4日 - 1963年8月29日

インドの旗 鉄道大臣
内閣 ネルー内閣
在任期間 1951年 - 1956年
テンプレートを表示

ラール・バハードゥル・シャーストリー英語: Lal Bahadur Shastriヒンディー語: लालबहादुर शास्त्री1904年10月4日 - 1966年1月11日)は、インド政治家。鉄道大臣、内務大臣、インド首相(第2代)などを歴任した。

経歴[編集]

ウッタル・プラデーシュ州ヴァーラーナシーから7マイルほど離れたムガルサライで生まれる。父親は教師であったが、シャーストリーが1歳半の時に亡くなっている[1]。学生時代にマハトマ・ガンディーの演説に影響を受けて、インドの独立運動に参加していく。独立後はネルー政権で鉄道大臣や内務大臣などを務めた。1964年5月27日にネルーが首相在任中に死去するとグルザーリーラール・ナンダー英語版が首相代理となった。6月9日には、シャーストリーが正式に後継のインド首相に選出された。1966年1月、カシミール地方の領有をめぐって勃発した第二次印パ戦争の和平協議のためにソビエト連邦タシュケント(現在のウズベキスタンの首都)を訪れた。協議の末、1月10日にはタシュケント宣言英語版が署名されることとなった。しかし、翌日の1月11日にシャーストリーは心臓発作のため急死した[2]

脚注[編集]

公職
先代:
ジャワハルラール・ネルー
インドの旗 首相
1964年 - 1966年
次代:
インディラ・ガンディー