2020年中印国境紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中印国境紛争 > 2020年中印国境紛争
2020年中印国境紛争
中印国境紛争
Kashmir Region (2020 skirmish locations).jpg
Pangong Tso and Spanggur Tso LAC and 2020 skirmish area annotated.png
CIAが作成したカシミール地方の地図
右側のは戦闘が発生した地域を示す。
ギャロワン川英語版(上)
中印国境のキャム検問所(中)
パンゴン湖(下)
NASA World Windによるパンゴン湖からチュシュル渓谷英語版周辺の衛星写真
2020年5月5日 (2020-05-05) – 現在 (935日)[1]
場所 中印実効支配線
西線:アクサイチンガリ地区
中線:シガツェ市
結果 進行中
交戦勢力
中華人民共和国の旗 中国 インドの旗 インド
指揮官
習近平 党総書記党軍委主席
赵宗岐 上将[2]
王强 空軍中将[2]
徐起零 中将[2]
柳林 少將[2][3][4]

ラーム・ナート・コーヴィンド 大統領

ナレンドラ・モディ 首相)
部隊

Flag of the People's Liberation Army.svg 中国人民解放軍

Armed forces logo.png インド軍

Emblem of India.svgインド内務省

国境警備隊
被害者数
戦死
少なくとも4人[6]
20–35死亡 (アメリカの主張)[7][8]

戦死
20人[9][10][11][12]

負傷: 76人[13]
捕虜: 10人[14][15]

2020年中印国境紛争(2020ねんちゅういんこっきょうふんそう)は、2020年に中華人民共和国インドの間で起こった国境紛争。これによって、中印国境紛争が一時再燃した。

概要[編集]

2020年5月5日から、中国人民解放軍インド軍は、中国のチベット自治区とインドのラダック地方にまたがるパンゴン湖周辺からシッキム州とチベット自治区の国境までの地域で衝突した。また、実効支配線(LAC)の線に沿ってインド側のラダック東部でも戦闘が発生した。

2020年5月下旬、中華人民共和国ガルワン川(英語版)流域でのインドによる道路建設に対抗し、インド軍を攻撃した[16][17]。インド側の情報によると、2020年6月15日から16日の乱闘戦で、インド兵20名が死亡[18]、人民解放軍の兵士43名が死傷したという[注釈 1][20][21]。現地メディアの報道では、双方の兵士が捕虜になり、数日後に解放されたとされているが、双方の政府による公式な発表ではこれを否定している[22][23][24]。9月7日、45年ぶりにLAC沿いで発砲が行われ、双方は発砲を非難し合った[25][26]。インドのメディアはまた、8月30日にインド軍が中国人民解放軍に対して威嚇射撃を行ったと報じている[27]

2020年6月から7月にかけて、ガルワン、キャム、ゴグラからの部分的撤退が行われ、2021年2月にはパンゴン湖の北岸と南岸からの完全撤退した[28][29]。2021年8月のゴグラでの離脱後、インドのアナリストはLACがインド軍の哨戒点17A(PP17A)の西に移動したと指摘した[30][31]

中印両軍がにらみ合う中、インド政府は中印国境沿いのインド実効支配地域のインフラ設備の整備を完了するために、同国国境道路公団英語版の下で同地域に新たに約1万2000人の労働者を派遣することを決定した[32][33][34]。専門家の間では、ラダックのダルブク・シヨク・DBO道路英語版の整備計画に反対する中国の対抗措置によって起きたものと考えられている[35]。中国もこれら係争中の国境地帯でもインフラを広範囲に開発しており、現在も開発を継続している[36][37]。2019年8月にインド政府がジャンムー・カシミール州の特別な地位を取り消したことも、中国を悩ませている[38]しかし、中印両国はともに状況を解決するための十分な二国間メカニズムが既に存在している、話し合いの場があると主張している[39][40]。これには、複数回にわたる両国の大佐准将少将級指揮官による対話、特別代表による会合(英語版)[注釈 2][42][43]、「中印国境問題に関する協議・調整のための作業メカニズム英語版」(WMCC)の会合[注釈 3][45]外務大臣国防大臣級会合やコミュニケーションなどが含まれる[46]。2021年7月31日には、第12回軍団長レベル会合が行われた[47][48]

6月15日のガルワン渓谷での小競り合いの後、インドでは中国製品のボイコット・キャンペーンが一部で始まった[49][50]。経済面では、中国企業との特定の契約の取り消しや追加の精査が行われ、インドの戦略的市場への中国企業の参入を阻止する呼びかけも行われた[51][52][53]。2020年11月までに、インド政府はアリババ(阿里巴巴)、テンセント(腾讯)、バイドゥ(百度)、シーナ(新浪)、バイトダンス(字节跳动)といった中国企業が開発、運営するアプリを含む200以上の中国製アプリの国内での使用を禁止した[54]

Map of the Jammu and Kashmir and its various regions.
ジャンムー・カシュミール藩王国の領土は、パキスタン(緑)、インド(青)、中国(黄色)の間で領有権を巡って係争中となっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中華人民共和国はこのような数字をすぐには公式に発表しない傾向があり、時には数十年経ってから発表することもある[19]
  2. ^ 2003年、当時のバジパイ首相が中国を訪問した際に、国境紛争解決のための特別代表メカニズムが設立された。以来、両国の特別代表は2019年12月まで22回の会談を行っている[41]
  3. ^ 印紙『ThePrint』によると、「WMCCは、両国の国境管理のために2012年に設立された共同秘書英語版レベルの会合の場であり、国境警備当局の担当者を含むコミュニケーションと協力の強化について意見を交わす」[44]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “王毅同印度国家安全顾问多瓦尔通电话 就缓和两国边界事态达成积极共识”. (2020年7月6日). オリジナルの2020年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200708040533/https://www.guancha.cn/internation/2020_07_06_556520.shtml?s=sywglbt 2020年7月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d “The Chinese generals involved in Ladakh standoff”. Rediff.com. (2020年6月13日). オリジナルの2020年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200618101002/https://www.rediff.com/news/special/the-chinese-generals-involved-in-ladakh-standoff-/20200613.htm 2020年6月19日閲覧。 
  3. ^ 外交部回应中印军队回撤!中印边境军长会谈 中印边境对峙事件2020最新消息_独家专稿_中国小康网”. m.chinaxiaokang.com. 2020年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月16日閲覧。
  4. ^ 印媒:中印将军商谈和平解决边境对峙-环球网”. 2020年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月16日閲覧。
  5. ^ “Indian Navy to move MiG-29K fighter jets to north amid border row with China”. Hindustan Times. (2020年7月21日). https://www.hindustantimes.com/india-news/navy-to-move-mig-29k-fighters-to-north-amid-border-row/story-yU5X9WP1VxjVHvqOuLNoYO.html 2020年7月21日閲覧。 
  6. ^ “China-India border dispute: ‘at least one Chinese soldier killed’ in June brawl”. (2020年9月18日). https://www.scmp.com/news/china/diplomacy/article/3102116/india-china-border-least-one-chinese-soldier-killed-june-brawl 
  7. ^ Shinkman, Paul D. (2020年6月16日). “India, China Face Off in First Deadly Clash in Decades”. U.S. News & World Report. https://www.usnews.com/news/world-report/articles/2020-06-16/dozens-killed-as-india-china-face-off-in-first-deadly-clash-in-decades 2020年6月16日閲覧。 
  8. ^ “Ladakh face-off | Govt sources cite U.S. intelligence to claim China suffered 35 casualties”. The Hindu. PTI. (2020年6月17日). ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/govt-sources-cite-us-intelligence-to-claim-china-suffered-35-casualties-during-galwan-clash/article31849492.ece 2020年7月27日閲覧. "as per U.S. intelligence reports, the Chinese Army suffered 35 casualties... The figure could be a combination of total number of soldiers killed and seriously wounded" 
  9. ^ Michael Safi and Hannah Ellis-Petersen (2020年6月16日). “India says 20 soldiers killed on disputed Himalayan border with China”. オリジナルの2020年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200616084802/https://www.theguardian.com/world/2020/jun/16/india-says-soldiers-killed-on-disputed-himalayan-border-with-china 2020年6月16日閲覧。 
  10. ^ Vedika Sud; Ben Westcott (2020年5月11日). “Chinese and Indian soldiers engage in 'aggressive' cross-border skirmish”. CNN. オリジナルの2020年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200512041538/https://www.cnn.com/2020/05/11/asia/china-india-border-dispute-intl-hnk/index.html 2020年5月12日閲覧。 
  11. ^ Chauhan, Neha (2020年5月26日). “Over 5000 Chinese Soldiers Intrusion in the Indian Territory”. The Policy Times. オリジナルの2020年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200604035937/https://thepolicytimes.com/over-5000-chinese-soldiers-intrusion-in-the-indian-territory/ 2020年6月4日閲覧。 
  12. ^ BBC (2020年6月16日). “India-China clash: 20 Indian troops killed in Ladakh fighting”. オリジナルの2020年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200616114311/https://www.bbc.com/news/world-asia-53061476 2020年6月16日閲覧。 
  13. ^ Vishnu Som (2020-06-19), 76 Soldiers Injured In Ladakh Clash, All Recovering: Army Officials, NDTV, オリジナルの2020-06-19時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200619060040/https://www.ndtv.com/india-news/18-soldiers-in-leh-hospital-58-in-other-hospitals-none-critical-all-stable-army-officials-on-ladakh-clash-2248577 2020年6月19日閲覧。 
  14. ^ “Hectic negotiations lead to return of 10 Indian soldiers from Chinese custody” (英語). The Indian Express. (2020年6月19日). オリジナルの2020年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200619111831/https://indianexpress.com/article/india/india-china-border-news-galwan-valley-soldiers-return-6465893/ 2020年6月19日閲覧。 
  15. ^ Haidar, Suhasini; Peri, Dinakar (2020年6月18日). “Ladakh face-off | Days after clash, China frees 10 Indian soldiers” (英語). The Hindu. オリジナルの2020年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200619061331/https://www.thehindu.com/news/national/ladakh-face-off-days-after-clash-china-frees-10-indian-soldiers/article31863845.ece 2020年6月19日閲覧。 
  16. ^ Philip, Snehesh Alex (2020年5月24日). “Chinese troops challenge India at multiple locations in eastern Ladakh, standoff continues”. The Print. https://theprint.in/defence/chinese-troops-challenge-india-at-multiple-locations-in-eastern-ladakh-standoff-continues/428304/ 2020年5月24日閲覧。 
  17. ^ Singh, Sushant (2020年5月24日). “Chinese intrusions at 3 places in Ladakh, Army chief takes stock”. The Indian Express. https://indianexpress.com/article/india/m-m-naravane-army-chief-line-of-actual-control-lac-chinese-transgressions-6424478/ 2020年5月24日閲覧。 
  18. ^ “India soldiers killed in clash with Chinese forces”. BBC News. (2020年6月16日). https://www.bbc.com/news/world-asia-53061476 2020年6月16日閲覧。 
  19. ^ Pita, Adrianna; Madan, Tanvi (18 June 2020). What's fueling the India-China border skirmish? (Report). https://www.brookings.edu/wp-content/uploads/2020/06/20200618_TheCurrent_Madan_transcript.pdf 2020年6月29日閲覧. ""We do not know the Chinese casualty numbers – they do not tend to officially release this sometimes for decades, for various reasons..."" 
  20. ^ Som, Vishnu (2020年6月22日). “At Talks, China Confirms Commanding Officer Was Killed in Ladakh: Sources”. NDTV.com. 2020年6月22日閲覧。
  21. ^ “China suffered 43 casualties during face-off with India in Ladakh: Report”. India Today. (2020年6月16日). https://www.indiatoday.in/india/story/india-china-face-off-ladakh-lac-chinese-casualties-pla-1689714-2020-06-16 2020年6月17日閲覧。 
  22. ^ Haidar, Suhasini; Peri, Dinakar (2020年6月18日). “Ladakh face-off | Days after clash, China frees 10 Indian soldiers”. The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/ladakh-face-off-days-after-clash-china-frees-10-indian-soldiers/article31863845.ece 2020年6月19日閲覧。 
  23. ^ Bali, Pawan (2020年6月20日). “India also released captured Chinese soldiers in Galwan Valley, claims Gen VK Singh”. Deccan Chronicle. https://www.deccanchronicle.com/nation/current-affairs/200620/india-also-released-captured-chinese-soldiers-in-galwan-valley-claims.html 
  24. ^ China denies detaining Indian soldiers after reports say 10 freed”. Al Jazeera (2020年6月19日). 2020年8月26日閲覧。
  25. ^ Gettleman, Jeffrey (2020年9月8日). “Shots Fired Along India-China Border for First Time in Years” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/09/08/world/asia/india-china-border.html 2020年9月9日閲覧。 
  26. ^ Kaushik, Krishn (2020年9月9日). “First time in 45 years, shots fired along LAC as troops foil China's bid to take a key height” (英語). The Indian Express. 2020年9月9日閲覧。
  27. ^ Singh, Vijaita (2020年9月11日). “LAC standoff | Officials confirm two incidents of firing at south bank of Pangong Tso” (英語). The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/lac-standoff-officials-confirm-two-incidents-of-firing-at-south-bank-of-pangong-tso/article32576781.ece 2020年9月11日閲覧。 
  28. ^ India, China complete troop disengagement at three friction points, focus now on Finger area” (英語). Hindustan Times. ANI (2020年7月25日). 2020年7月26日閲覧。
  29. ^ Bhalla, Abhishek (2021年2月19日). “India, China complete disengagement in Pangong Tso, next round of military talks on Saturday” (英語). India Today. 2021年3月27日閲覧。
  30. ^ Singh, Sushant (2021年8月11日). “Gogra Disengagement Raises More Questions About the Situation in Ladakh”. The Wire. 2021年8月24日閲覧。
  31. ^ Panag, Lt Gen (Retd) H S (2021年8月12日). “Modi government's politics with China is evolving. Gogra disengagement is proof”. ThePrint. https://theprint.in/opinion/modi-governments-politics-with-china-is-evolving-gogra-disengagement-is-proof/713201/ 2021年8月24日閲覧。 
  32. ^ Singh, Rahul; Choudhury, Sunetra (2020年5月31日). “Amid Ladakh standoff, 12,000 workers to be moved to complete projects near China border”. Hindustan Times. https://www.hindustantimes.com/india-news/labourers-from-j-khand-to-lay-roads-on-china-border/story-1Hyh3KBaBwgEZ9eK5KhuFM.html 2020年6月4日閲覧。 
  33. ^ Ray, Kalyan; Bhaumik, Anirban (2020年6月1日). “Amid border tension, India sends out a strong message to China”. Deccan Herald. https://www.deccanherald.com/international/amid-border-tension-india-sends-out-a-strong-message-to-china-844496.html 2020年6月4日閲覧。 
  34. ^ Kumar, Rajesh (2020年6月14日). “CM flags off train with 1,600 workers for border projects”. The Times of India (Ranchi). https://timesofindia.indiatimes.com/city/ranchi/cm-flags-off-train-with-1600-workers-for-border-projects/articleshow/76364427.cms 2020年6月15日閲覧。 
  35. ^ Singh, Sushant (2020年5月26日). “Indian border infrastructure or Chinese assertiveness? Experts dissect what triggered China border moves”. The Indian Express. https://indianexpress.com/article/explained/china-india-line-of-actual-control-ladakh-6427647/ 2020年5月26日閲覧。 
  36. ^ “China starts construction activities near Pangong Lake amid border tensions with India”. Business Today (India). (2020年5月27日). オリジナルの2020年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200605072810/https://www.businesstoday.in/current/economy-politics/china-starts-construction-activities-near-pangong-lake-amid-border-tensions-with-india/story/405114.html 2020年6月5日閲覧。 
  37. ^ Desai, Shweta (2020年6月3日). “Beyond Ladakh: Here's how China is scaling up its assets along the India-Tibet frontier”. Newslaundry. https://www.newslaundry.com/2020/06/03/beyond-ladakh-heres-how-china-is-scaling-up-its-assets-along-the-india-tibet-frontier 2020年6月5日閲覧。 
  38. ^ Krishnan, Ananth (2020年6月12日). “Beijing think-tank links scrapping of Article 370 to LAC tensions”. The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/beijing-think-tank-links-scrapping-of-article-370-to-lac-tensions/article31815266.ece 2020年6月15日閲覧。 
  39. ^ Chaudhury, Dipanjan Roy (2020年5月29日). “India-China activate 5 pacts to defuse LAC tensions”. The Economic Times. https://economictimes.indiatimes.com/news/defence/india-china-activates-5-pacts-to-defuse-lac-tensions/articleshow/76083868.cms 2020年6月3日閲覧。 
  40. ^ Roche, Elizabeth (2020年6月8日). “India, China to continue quiet diplomacy on border dispute”. https://www.livemint.com/news/india/india-china-to-continue-quiet-diplomacy-on-border-dispute-11591621429085.html 2020年6月9日閲覧。 
  41. ^ Sandhu, P.J.S. (2020年7月21日). “It Is Time to Accept How Badly India Misread Chinese Intentions in 1962 – and 2020”. The Wire. https://thewire.in/security/india-china-xi-jinping-lac-border-modi-1962-war 2020年10月14日閲覧。 
  42. ^ Sagar, Pradip R (2020年8月13日). “100 days on, India-China border in Ladakh still remains tense” (英語). The Week. 2020年8月30日閲覧。
  43. ^ Mitra, Devirupa (2020年6月6日). “Ahead of Border Talks With China, India Still Unclear of Reason Behind Troops Stand-Off”. The Wire (India). https://thewire.in/external-affairs/exclusive-india-china-ladakh-border-dialogue 2020年6月6日閲覧. "On Saturday, Indian and Chinese military officials of Lieutenant General-rank are likely to meet at a border personnel meeting (BPM)... The various BPM meetings – led first by colonels, then brigadiers and then finally over three rounds by major general-rank officers – have until now yielded no results." 
  44. ^ Philip, Snehesh Alex (2020年8月12日). “No progress made in India-China major general-level talks, all eyes now on diplomatic parleys”. ThePrint. https://theprint.in/defence/no-progress-made-in-india-china-major-general-level-talks-all-eyes-now-on-diplomatic-parleys/479975/ 2020年8月28日閲覧。 
  45. ^ China Ups Rhetoric, Warns India of 'Severe Consequences' for Violent Clash”. The Wire (2020年6月25日). 2020年6月25日閲覧。
  46. ^ “At SCO meet, Rajnath Singh tells China to restore status quo at LAC” (英語). Hindustan Times. (2020年9月5日). https://www.hindustantimes.com/india-news/at-sco-meet-rajnath-singh-tells-china-to-restore-status-quo-at-lac/story-ylvhTnX21W0A9A8nEsFRRK.html 2020年9月5日閲覧。 
  47. ^ India-China faceoff: 11th round of Corps Commander-level talks make no headway”. The New Indian Express (2021年4月10日). 2021年6月16日閲覧。
  48. ^ Philip, Snehesh Alex (2021年8月1日). “12th round of Indo-China military talks done, movement 'expected' in Gogra & Hot Springs” (英語). ThePrint. 2021年8月2日閲覧。
  49. ^ Suneja, Kirtika; Agarwal, Surabhi (2020年6月17日). “Is This Hindi-Chini Bye Bye on Trade Front? Maybe Not: No immediate impact likely on business relations, say govt officials”. The Economic Times. https://www.pressreader.com/india/the-economic-times/20200617/281492163565217 2020年7月4日閲覧。 
  50. ^ Traders' body calls for boycott of 3,000 Chinese products over 'continued' border clashes”. ThePrint (2020年6月16日). 2020年6月17日閲覧。
  51. ^ Ninan, T. N. (2020年6月20日). “To hit China, aim carefully. Don't shoot yourself in the foot”. ThePrint. 2020年6月20日閲覧。
  52. ^ Arnimesh, Shanker (2020年6月15日). “RSS affiliate wants Modi govt to cancel Chinese firm's bid for Delhi-Meerut RRTS project”. ThePrint. 2020年6月18日閲覧。
  53. ^ Chinese firms to lose India business in Railways, telecom”. The Indian Express (2020年6月18日). 2020年6月20日閲覧。
  54. ^ Krishnan, Ananth (2020年11月25日). “China slams India's ban on 43 more apps” (英語). The Hindu. ISSN 0971-751X. https://www.thehindu.com/news/national/china-slams-indias-move-to-ban-43-more-apps/article33175495.ece 2020年11月26日閲覧。 

参考文献[編集]