ナラシンハ・ラーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナラシンハ・ラーオ
नरसिंह राव
పాములపర్తి వెంకట నరసింహారావు
Narasimha Rao
P V Narasimha Rao.png
ナラシンハ・ラーオ
生年月日 1921年6月28日
出生地 Asafia flag of Hyderabad State.pngハイダラーバード藩王国カリームナガル
没年月日 (2004-12-23) 2004年12月23日(83歳没)
死没地 インドの旗 インドニューデリー
所属政党 インド国民会議

内閣 ナラシンハ・ラーオ内閣
在任期間 1991年6月20日 - 1996年5月16日
大統領 ラーマスワーミー・ヴェンカタラーマン英語版
シャンカルダヤール・シャルマー英語版
テンプレートを表示

ナラシンハ・ラーオヒンディー語:नरसिंह राव、テルグ語:పాములపర్తి వెంకట నరసింహారావు、英語:Narasimha Rao、1921年6月28日 - 2004年12月23日)は、インド政治家。第12代首相日本では「ナラシマ・ラオ首相」と表記されることが多い。

経歴[編集]

インド南部のハイダラーバード藩王国(現在のテランガーナ州)に生まれる。インド国民会議派に所属しアーンドラ・プラデーシュ州首相などを務める。

1977年下院議員選挙に立候補し当選する。以後、インディラ・ガンディーラジーヴ・ガンディー両政権で内務大臣国防大臣外務大臣を歴任する。

1991年の下院議員総選挙では引退を表明し不出馬であったが、総選挙中に国民会議派総裁のラジーヴ・ガンディー元首相が暗殺され、急遽、後継総裁に選出される。総選挙後、首相に就任。1996年まで務める。在任中は、従来の国民会議派の統制的色彩が強い経済政策を一変し外国資本、技術の導入などの経済改革を推進し、インド経済の自由化を推進し、インドを世界有数のIT大国に飛躍させた。

一方で、国民の間に経済格差が拡大し、政権も腐敗したと言われ、ラーオ本人も首相在任中に内閣不信任案の可決阻止を目的に複数の議員に資金を渡した疑いで、買収などの3件の罪状で起訴された。のちに無罪判決を勝ち取る。しかし、経済改革の恩恵が一部の富裕層に偏ったことから、大部分の貧困層の離反を招き、1996年総選挙では大敗した。

2004年12月8日に心臓発作で倒れ、ニューデリーの病院に入院、12月23日に死去。83歳没。

外部リンク[編集]

先代:
チャンドラ・シェーカル英語版
インドの旗 首相
1991年 - 1996年
次代:
アタル・ビハーリー・ヴァージペーイー