大蔵省 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの行政官庁
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
女王陛下の大蔵省
Her Majesty's Treasury
Londontreasury.jpg
大蔵省ビル
役職
財務大臣 ジョージ・オズボーン
概要
テンプレートを表示

女王陛下の大蔵省(じょうおうへいかのおおくらしょう、英語: HM Treasury; Her Majesty's Treasury, The Treasury)は、イギリス財政を担当する行政機関である。大蔵府とも。

概要[編集]

もとは国王の財産を管理するために宮廷内の収支・財産管理を行ったイングランドイギリスの官庁であり、後に国家財政を担当するようになった官庁である。

エリザベス1世治世期に財務省 (The Exchequer) から分離、設置された。当初は大蔵卿Lord High Treasurer)を長とし、王室の私的財産を扱う小さな組織だったが、しだいに組織の規模が大きくなり、17世紀には事実上国家財政の担当官庁となった。18世紀初めに大蔵卿は廃止され、かわって大蔵卿委員会Lords Commissioners of Her Majesty Treasury)を設置。委員会の長たる第一大蔵卿 (First Lord of the Treasury) が大蔵省の責任者となった。

ロバート・ウォルポール以降に第一大蔵卿が実質的な首相になると、第二大蔵卿 (Second Lord of the Treasury) である財務大臣 (Chancellor of the Exchequer) が大蔵省の責任者となり、財政担当大臣になった。その後、ウィリアム・ピット(小ピット)の財政改革などを経て、財務に関する権力および実務は大蔵省へ集中していき、財務省は組織として形骸化していった。

チャールズ・グレイ内閣時代の1833年、財務省は正式に廃止されるに至り、国家の財務機能は大蔵省に統合された。ただし、現在においても財政担当大臣の公式な名称は "Chancellor of the Exchequer" であり、ここに財務省の名残りをみることができる。近年、"HM Treasury" の訳語には大蔵省・財務省の双方が当てられているが、歴史学上では先述の経緯から「大蔵省」の訳語を当てることが多い。

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分6.1秒 西経0度7分40.3秒