キア・スターマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サー・キア・スターマー
Sir Keir Starmer
Official portrait of Keir Starmer crop 2.jpg
キア・スターマー(2017年6月)
生年月日 (1962-09-02) 1962年9月2日(58歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドンサザーク区
出身校 リーズ大学オックスフォード大学、セント・エドムンド・ホール
前職 弁護士
所属政党 Labour Party Wordmark.svg 労働党
配偶者 ビクトリア・アレクサンダー
公式サイト Official website

在任期間 2020年4月4日 -

イギリスの旗 影の欧州連合離脱大臣
在任期間 2016年10月6日 - 2020年4月4日

イギリスの旗 影の移民大臣
在任期間 2015年9月14日 - 2016年6月27日

選挙区 ホルボーンとセント・パンクラス選挙区
当選回数 3回
在任期間 2015年5月7日 -

イギリスの旗 公訴局長官
在任期間 2008年11月1日 - 2013年11月1日

その他の職歴
イギリスの旗 第22代 労働党党首
2020年4月4日 - 現職)
テンプレートを表示

サー・キア・ロドニー・スターマー: Sir Keir Rodney StarmerKCB1962年9月2日 - )は、イギリス法律家政治家2020年4月から第22代イギリス労働党党首。

経歴[編集]

党首になるまで[編集]

弁護士から、イギリスの検察局長官まで上り詰めた後、政治家へ転身。2015年ロンドンのホルボーン・アンド・セント・パンクラス地区で出馬し、下院議員となった。ジェレミー・コービンが組織した影の内閣に3年以上在籍したが、後に自身は社会主義者でありコービンの支持者ではないとしている。影の内閣ではイギリスの欧州連合離脱に関連した政策などを担当。親EU寄りの姿勢を示した[1][2]

2019年、イギリス総選挙で労働党が大敗するとコービンが労働党党首を辞任。スターマーは、後任を決める党首選挙に立候補し、1990年代以降民営化されていたイギリスの鉄道ロイヤルメール水道の再国有化や、反労働組合法の撤回など、コービン党首時代の主要政策を踏襲する10の公約を掲げた。党首選挙では、コービンの後任と目されていたレベッカ・ロング=ベイリー下院議員らを大差で破り、同年4月党首に就任。同国内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、保守党政権とも建設的に対策に関わると表明するとともに、ユダヤ人社会に対して労働党内に広がっていた反ユダヤ主義を謝罪した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 英労働党、新党首にキア・スターマー氏を選出”. BBC (2020年4月5日). 2020年4月4日閲覧。
  2. ^ 英労働党、新党首にスターマー氏…「党の信頼取り戻す」”. 読売新聞 (2020年4月4日). 2020年4月4日閲覧。
  3. ^ 英労働党、新党首にキア・スターマー氏選出”. AFP (2020年4月4日). 2020年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]