ジェレミー・コービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ジェレミー・コービン
Jeremy Corbyn
Jeremy Corbyn 2014-04-30.jpg
生年月日 (1949-05-27) 1949年5月27日(67歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス、チッペナム、ウィルトシャ
所属政党 労働党
公式サイト Jeremy Corbyn MP

選挙区 イズリントン・ノース選挙区


その他の職歴
労働党党首
2015年9月12日 - )
テンプレートを表示

ジェレミー・バーナード・コービン:Jeremy Bernard Corbyn, 1949年5月27日 - )は、イギリスの政治家であり、現在の野党である労働党党首。1983年以来、ロンドンのイズリントン・ノース選挙区選出英国庶民院議員 (MP) をつとめている。[1]ソーシャリスト・キャンペーン・グループ、パレスチナ連帯キャンペーン、アムネスティ・インターナショナル核軍縮キャンペーン、ストップ・ザ・ウォー・コアリションの一員であり、ストップ・ザ・ウォー・コアリションについては2001年より全国議長をつとめている。

概要[編集]

コービンはウィルトシャーのチッペナム出身であり、短期間北ロンドン工科学校に在籍した。全国公務員組合や全国仕立被服労働者組合で働いた後、1974年にハーリンゲイ・ロンドン特別区議会議員に選出され、ここからコービンの政治家としてのキャリアがはじまった。しばらくハーリンゲイの区議会議員をつとめていたが、1983年にイズリントン・ノース選挙区選出議員となって以来、現在までコービンは同選挙区選出のMPである。直近の当選は2015年である。

みずから認める民主社会主義者であり、コービンが主張している政策には公共事業や鉄道の再国有化[2]、炭鉱再開、企業の税金逃れ取り締まり強化、大学の学費負担をなくして学生補助金を再開させること、非核化とトライデント核兵器プログラムの中止、インフラ及び再生可能エネルギープロジェクトへの資金を供出する 人々のための量的金融緩和政策デイヴィッド・キャメロン政権が2010年以降行ってきた公共部門と福祉への予算カットを元に戻すことなどが含まれている。

コービンは2015年6月6日に労働党党首選への出馬を表明した。最初は党首選において泡沫候補と考えられていたが、選挙のトップに躍り出、多くの世論調査で圧倒的支持を得たほか、労働党と提携する組合の多数及び提携のない組合3団体からも支持をとりつけた[3]

2015年9月12日、コービンは初回投票において59.5%の得票で労働党党首に選ばれた[4][5]2015年の総選挙において労働党は大敗したが、その原因は中道寄りの政策を掲げたために保守党との違いが見えにくくなったためとする意見が支持者の若年層を中心に強く、コービンの強硬な左翼の政治姿勢が支持された形である。ただ、カール・マルクスを称賛するマルクス主義的言動[6]や、北大西洋条約機構からの脱退すら示唆する極端な左寄りの姿勢は、労働党内でも批判があり、元首相トニー・ブレアゴードン・ブラウンからも「コービンが党首になったら労働党は消滅する」と批判されている[7][8]

2016年9月24日、イギリスのEU離脱決定を受けて行われた労働党党首選において、対抗馬のオーウェン・スミスを破って再選された[9]

分析[編集]

ノーベル賞経済学者ジョセフ・スティグリッツは、労働党内でのコービンの台頭は驚くべきことではないと述べる[10]緊縮財政政策に強く反対する世論があり、また所得格差が拡大する懸念がある時代に、エド・ミリバンドが代表を務める「新」労働党が公開した(2015年イギリス総選挙の)選挙公約は人々を失望させるものだった。保守党の緊縮財政と労働党のソフトな緊縮財政、これでは有権者は選びようがない。 スティグリッツは、緊縮財政批判に関して労働党が怖気づいていることを指摘する。 一方のコービンは反緊縮のアジェンダを提示し、人々の受け皿になることができたとスティグリッツは述べる[10]

ノーベル賞経済学者ポール・クルーグマンは、コービンが党首選で勝利したことは驚くべきことではないと述べる[11]イヴェット・クーパーなどライバル候補が軒並み保守党の緊縮財政政策を暗黙に支持しており、候補者の中ではコービンだけが明確に緊縮財政に反対していたからである。 それだけではなく労働党の主流派議員が保守党の緊縮財政政策に追随していたのである。クルーグマンはこの現象を労働党の知的倫理的崩壊だとし、労働党の主流派を批判する[11]

労働党の路線[編集]

労働党が支持者を失望させたのはミリバンドが初めてではない。1990年代後半に労働党の党首トニー・ブレアが英国首相になって以来、労働党の党員は激減した。党員は1997年には405000人いたが、ブレアが首相を退任する2007年には177000人まで落ち込んだ[12]。 10年で党員が半分未満になったのである。(その後若干回復し、2013年には19万人である。) ブレアの時代に労働党の政策は大陸欧州よりであった。金融政策に関してもドイツと同じ為替レートにすれば英国経済が打撃をうけることはポンド危機で十分示されたにもかかわらず、ブレアの立ち位置は親ユーロだった。

それでは労働党が親EUかというとそうではない。元々は労働党は欧州懐疑主義政党だった。コービンも欧州懐疑派である[12]。「欧州連合は企業側の利益を優先しすぎる。それはTTIP交渉が秘密裏に行われていることからもわかる。TTIPは我々の環境・消費者安全基準や労働者の権利にとって大きな脅威となるだろう。」とコービンは述べる[12]

コービンは1975年の国民投票でもEEC残留に反対票を投じた。そして近年のギリシャ危機についても、「もし欧州全体ががギリシャ国民をねじ伏せたようなやり方で各EU加盟国を扱うような残酷な機関となるようなら、欧州は人々からの多くのサポートを失うだろうと思う。」とコービンは述べている[13]

EU離脱の是非を問う国民投票[編集]

コービンは2016年6月に行われる英国のEU離脱の是非を問う国民投票ではEU残留のキャンペーンを張るという[14]。労働党所属の国会議員の多数がEU残留を望んでいる党内事情に配慮しているからだと言われる。

だが欧州懐疑論者であるコービンの本心はEU残留ではないとされる。1975年のEEC残留を問う国民投票でもEEC離脱に票を投じた。 1993年のマーストリヒト条約発効に先立ち、国家経済から独立したECBの採る政策は物価の安定だけであり、労働党が実現させたい社会的な目標を下げ、そしてEUは「銀行家達の欧州」となりアメリカ合衆国のような民主的な方向には行かないだろうと予言していた[15]

とはいえコービンはEU離脱でもなければ残留でもなく、ただEUに関心を持っていないだけだとも言われる[14]。 コービンは良く理解している。トニー・ブレアの大量移民政策によって東欧から移民が職・住居・教育を求めて英国に流入し、英国の低所得者層がそれら移民との競争を強いられたこと。そして移民の流入で非熟練労働者の賃金に低下圧力がかかり暮らし向きが悪くなり、長年の労働党支持者が労働党を離れたことを。よって、もしコービンが彼自身の信念を貫き労働者階級を代弁するなら、今すぐにEU離脱のキャンペーンを張っているだろうからである[14]

それでもコービンの言動は有権者に影響を与えるだろう。Ipsos MORIの調査でも回答者のうち約27%がコービンが有権者の投票行動に影響を与える主要人物としている。英国首相デービッド・キャメロンの44%やロンドン市長ボリス・ジョンソンの32%、財務大臣ジョージ・オズボーンの28%には及ばないが、労働党内では最大の影響力である[16]

そのキャメロンとオズボーンは共にEU残留派であり、彼らは離脱による経済的なリスクを強調する[17]。そのオズボーンによる緊縮財政とりわけ障害者の公的手当ての削減は与野党から激しい反発を招いており、 閣僚であるイアン・ダンカン・スミスが抗議のために辞任した。コービンをはじめ労働党もオズボーンを激しく非難している。 (EU残留には実質的に関心が無いかあるいは暗黙のEU離脱派である)コービンがEU残留側のリーダー格を攻撃することで、コービンは意図せずしてEU離脱側に掩護射撃をしているのではないかとする推測もある[17]

EU懐疑論[編集]

コービンは長らくEUに批判的だった[18]。EEC離脱に票を投じるなど過去の言動からもそれは明らかである。

  • 「私らは欧州の共通の外交防衛政策に向かって進んでいる。誰がその政策を提案するのか、誰がその政策をコントロールするのか、それは誰のための政策なのか問わねばならないね。政策の目的は共通の価値観、本質的な利益、EUの独立性を守ることというけど、これ一体どういう意味だろうね。」(1993年3月)
  • 「労働党の同志は今夜マーストリヒト条約に反対票を投じると確信しているよ。(マーストリヒト条約は)経済政策を決めるための英国議会の権力を非民主的銀行家達に委譲するための条約だからね。」(1993年5月)
  • 「EUの砂糖がアフリカ諸国の市場に溢れて現地のサトウキビ農家を失業させているんだよ(すなわちEUは重商主義的な事を行っている)。」(2003年10月)
  • 「(EUは)過剰生産をする農家に補助金を与え、余剰生産物を納税者の税を使って買い取るという二重の買い取りを行っている。そして多額の公的コストを費やして、アフリカ諸国にトウモロコシとして船で配送している。これは倫理的に間違っているね。」(2005年5月)
  • 「私らは人権が事実上守られていない多くの国とEU貿易協定を結んでいるのだが、その地域の全ての戦略を再度見るべき時ではないと言えるのかね。」(2011年2月)
  • 「スイスはEU非加盟国で、問題なくドイツやフランスと鉄道を結合させている。その他の国が問題にぶち当たるべきではないだろう。だが英国は世界最悪のものを持っている。」(2013年4月)
  • 「(EUが締結しようとしている)TTIPに対する公衆のバックラッシュは、民主主義と国家の自己決定権のための緊急で強い要請の表れだ。」(2015年1月)
  • 「もしEUが加盟国を今のギリシャのように扱うような残忍な機関になるのなら、EUは多くの有権者からの支持を失うと思うね[18]。」(2015年7月)

受賞・表彰[編集]

2013年にコービンはその業績によりガンディー国際平和賞を受賞している[19][20] 。同2013年にコービンはグラスルート・ディプロマット・イニシアティヴ(Grassroot Diplomat Initiative)から表彰を受けた[21]。コービンは議会向けの「今年のヒゲ」賞を6回受賞しており、かつてそのヒゲをニュー・レイバーに対する「反逆の形」と描写したことで、ヒゲ解放戦線(Beard Liberation Front)から「今年のヒゲ」に選ばれている[22][23]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jeremy Corbyn MP”. 2015年7月21日閲覧。
  2. ^ You don't need to settle for the future the Tories are creating J. Corbyn, The Daily Telegraph, 6 Aug 2016
  3. ^ http://www.theguardian.com/politics/2015/sep/10/jeremy-corbyn-all-eyes-as-labour-leadership-voting-ends
  4. ^ http://www.theguardian.com/politics/blog/live/2015/sep/12/labour-announces-leadership-election-result-with-corbyn-tipped-to-win-politics-live
  5. ^ http://www.bbc.co.uk/news/live/uk-politics-34205207
  6. ^ “Marx admirer Corbyn elected UK opposition Labour leader”. ロイター通信. (2015年9月12日). http://www.reuters.com/article/2015/09/12/us-britain-politics-labour-idUSKCN0RC0A420150912 2015年11月29日閲覧。 
  7. ^ 矢野純一 (2015年9月12日). “英国:労働党首に強硬左翼のコービン氏 党内に批判多く”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20150913k0000m030043000c.html 2015年9月12日閲覧。 
  8. ^ “英労働党の新党首に「筋金入り」左派のコービン氏”. TBSテレビ. (2015年9月12日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2585838.html 2015年9月13日閲覧。 
  9. ^ “英労働党の党首、亀裂残して再選 EU離脱が影”. 朝日新聞. (2016年9月25日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12576199.html 2016年9月25日閲覧。 
  10. ^ a b Jeremy Corbyn is favourite for Labour leadership because party has 'wimped out', says Nobel Prize winner Joseph StiglitzM. Segalov, The Independent, News, 27 Jul 2015
  11. ^ a b Labour’s Dead CenterP. Krugman, The Opinion Pages, The New York Times, 14 Sep 2015
  12. ^ a b c How Jeremy Corbyn could lead Britain out of EuropeJ. Kirkup, The Daily Telegraph, 28 Jul 2015
  13. ^ Jeremy Corbyn admits he voted for Britain to leave Europe in 1975The Daily Telegraph, 11 Sep 2015
  14. ^ a b c Jeremy Corbyn should be campaigning for Brexit – but he just doesn't careJ. Hartley-Brewer, The Daily Telegraph, 1 Mar 2016
  15. ^ Jeremy Corbyn predicted that the Euro would lead to 'the imposition of a bankers' Europe'J. Stone, The Independent, 18 Sep 2015
  16. ^ Is Jeremy Corbyn secretly trying to turn his supporters against the EU?A. Bennett, The Daily Telegraph, 23 Mar 2016
  17. ^ a b Jeremy Corbyn is accidentally punching the Remain campaign on its weakest spotJ. McTernan, The Daily Telegraph, 22 Mar 2016
  18. ^ a b Ten Quotes Which Prove Corbyn Is Undoubtedly A Eurosceptic D.R. Edmunds, Breitbart News Network, 14 Apr 2016
  19. ^ The Gandhi Foundation International Peace Award 2013”. gandhifoundation.org. The Gandhi Foundation (2014年1月9日). 2014年5月2日閲覧。
  20. ^ “GULLIVER: Jeremy Corbyn – An MP with ‘Gandhian values’”. Camden New Journal. http://www.camdennewjournal.com/gulliver-jeremy-corbyn-mp-%E2%80%98gandhian-values%E2%80%99 2015年6月20日閲覧。. 
  21. ^ “Grassroot Diplomat Who's Who”. Grassroot Diplomat. (2015年3月15日). http://www.grassrootdiplomat.org/whoswho 2015年4月27日閲覧。 
  22. ^ Malvern, Jack (2002年1月10日). “Beards – Diary”. The Times (London, UK) 
  23. ^ Jeremy Corbyn wins Parliamentary Beard of the Year for record sixth time

外部リンク[編集]

公職
先代:
ハリエット・ハーマン
(代行)
イギリスの旗 イギリス影の首相
2015年 -
次代:
党職
先代:
エド・ミリバンド
労働党党首
2015年 -
次代:
議会
先代:
マイケル・オハロラン
庶民院議員
北イズリントン選挙区

1983年 -
次代: