ウィリアム・アダムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・アダムソン英語: William Adamson1863年4月2日 - 1936年2月23日)はスコットランド労働運動家、政治家労働党党首1917年 - 1921年)、スコットランド担当大臣1924年1929年 - 1931年)などを歴任。

略歴[編集]

ファイフダンファームリン生まれ。地元の小学校を卒業後鉱夫として働き、全国鉱山労働者組合に加入。1902年から1908年までファイフ・キンロス・クラクマナン鉱夫組合の副書記長を務める[1]

1910年1月イギリス総選挙英語版労働党候補としてウェスタン・ファイフ選挙区英語版から出馬、4,376票(得票数2位)で落選した[2]同年12月の総選挙英語版で再び出馬して、6,128票で自由党の現職議員ジョン・ディーンス・ホープ英語版を破って当選した[2][3]。1917年から1921年にかけて労働党党首となる[1]。この間1918年には枢密院[4]、1924年スコットランド担当大臣に就任[1][5]、1929年から1931年までラムゼイ・マクドナルド首班とする労働党連立政権下で同大臣を再任する[1][6]

しかし、挙国一致内閣成立以後マクドナルドと袂を分かち、1931年の選挙で落選の憂き目に遭う[1]1935年の選挙に再度出馬するも当選には至らなかった。

1936年2月23日死去。72歳。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e spartacus.schoolnet.co.uk William Adamson
  2. ^ a b Craig, F. W. S. (1974). British parliamentary election results 1885–1918 (英語) (1st ed.). London: The Macmillan Press. p. 540. ISBN 978-1-349-02298-4
  3. ^ "No. 28449". The London Gazette (英語). 23 December 1910. p. 9558.
  4. ^ "No. 30764". The London Gazette (英語). 25 June 1918. p. 7461.
  5. ^ "No. 32901". The London Gazette (英語). 25 January 1924. p. 770.
  6. ^ "No. 33505". The London Gazette (英語). 11 June 1929. p. 3856.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ジョン・ディーンス・ホープ英語版
庶民院議員(ウェスタン・ファイフ選挙区英語版選出)
1901年12月 – 1922年
次代:
南アイルランド独立
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
南アイルランド独立
庶民院議員(ウェスタン・ファイフ選挙区英語版選出)
1922年 – 1931年
次代:
チャールズ・ブラック・ミルン英語版
党職
先代:
アーサー・ヘンダーソン
イギリス労働党党首
1917年 – 1921年
次代:
ジョン・ロバート・クラインス
公職
先代:
ノヴァ子爵英語版
スコットランド担当大臣
1924年
次代:
サー・ジョン・ギルモア準男爵英語版
先代:
サー・ジョン・ギルモア準男爵英語版
スコットランド担当大臣
1929年 – 1931年
次代:
サー・アーチボルド・シンクレア準男爵英語版