1994年イギリス労働党副党首選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1994年イギリス労働党副党首選挙Labour party deputy leadership election)は、イギリスの政党・労働党の副党首を決定した選挙。5月12日の前党首ジョン・スミスの急死に伴い、党首選挙と併せて実施され、ジョン・プレスコットが新副党首に就任した。

なお、立候補したマーガレット・ベケットは以前から副党首として働いており、スミスの急死にあたっては臨時党首を務めた。

選挙[編集]

新副党首に選ばれたジョン・プレスコット。以後、党首トニー・ブレアを支え、労働党の屋台骨となった。
マーガレット・ベケット。前副党首であり、スミスの急死に際しては臨時党首を務めたが、当副党首選には破れた。

選挙は、1994年7月21日、党首選と副党首選とが同時に行われた。党首選にはトニー・ブレアジョン・プレスコットマーガレット・ベケットの3名がエントリー。トニー・ブレアが新党首に選出され、破れたプレスコット、ベケットの間で副党首選が行われた。なお、ブレアはもともと副党首選に出馬する準備をしていなかった。

後にプレスコット、ベケット共に、トニー・ブレア政権の要職を担うことになる。選挙は、英国議会欧州議会の議員票、選挙区労働党の一般党員票、フェビアン協会労働組合などの、労働党関連団体メンバー票の合計で競われた。

なお、プレスコット、ベケットの両名とも、1992年の副党首選挙にも出馬していた。

結果[編集]

投票結果
候補者 得票率
ジョン・プレスコット 56.5%
マーガレット・ベケット 43.5%

参照[編集]