ピアーズ・コービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアーズ・リチャード・コービン(Piers Richard Corbyn, 1947年3月10日 - )は、英国の長期気象予報をてがけるウェザー・アクション(Weather Action)のディレクター[1]労働党の党首ジェレミー・コービンの兄である。

略歴[編集]

イングランドウィルトシャーで生まれる。父親はエンジニアであり、幼少時からシュロップシャーにある家の庭で気象学関連の装置の製作を行う。その後、インペリアル・カレッジ・ロンドンにて物理学の学士号を取得する[2]。1981年にロンドン大学クイーン・メアリーにて宇宙物理学の修士号を取得する[1]

発言[編集]

ロンドン市長であるケン・リヴィングストンは、アドルフ・ヒトラーはユダヤ人に対する野蛮な言動を行う以前にはシオニズムを支持していた、とする発言を行った。リヴィングストンの発言は、歴史に反するものであると批判されることになった。だがピアーズ・コービンは、リヴィングストンの発言は誤解されており、リヴィングストンはただ実際の歴史を語っただけであり、労働党内部で反ユダヤ主義に対する公衆の感受性が高すぎるのではないかと指摘する[3]。コービンは、リヴィングストンの発言が反ユダヤ主義であることを否定はしなかったが、(ヒトラー時代の)ドイツの歴史を熟考する必要性があると説いた。「ナチ党とユダヤ人、そしてロシア。これらの関係は複雑であり、彼らがその時代に行った同盟・相互援助・約束などは今となっては理解が難しい。けれどもヒトラーとシオニストの間に何らかのやりとりもしくは正の関係のようなものはあった。」[3]

脚注[編集]