西岸海洋性気候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cfb, Cfc, Cwb及びCwcの分布図

西岸海洋性気候せいがんかいようせいきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで温帯に属する。記号はCfbCfcでCは温帯、fは湿潤(feucht)、b/cは(温帯の中で)夏の気温が低いことを示す。温暖湿潤気候とは夏季の気温の違い以外はない。

アリソフの気候区分にも同名の気候帯があり、ケッペンの気候区分と同様の気候帯を示す[1]

特徴[編集]

夏はさほど暑くならず過ごしやすい。冬も暖流偏西風気圧配置の影響で高緯度の割には気温が下がらず、温和である。雨量は温帯の中ではやや少なめだが、年較差が少なく安定している。但し定義上は亜寒帯湿潤気候ツンドラ気候に近いものや熱帯雨林気候に近いものまでかなり幅がある。例えば最暖月10.0℃、最寒月-2.9℃や最暖月17.9℃、最寒月17.8℃でも成立する[要出典]

条件[編集]

  • 最寒月平均気温が-3℃以上18℃未満。
  • 最暖月平均気温が10℃以上22℃未満。
  • 年平均降水量が乾燥限界以上かつ下記の条件を満たす。
    • 最多雨月が夏にある場合は、最多雨月降水量≦10×最少雨月降水量
    • 最多雨月が冬にある場合は、最多雨月降水量≦3×最少雨月降水量または最少雨月降水量が30mm以上
  • 月平均気温10℃以上の月が4か月以上ならCfb、3か月以下ならCfcとなる。

分布地域[編集]

大陸西岸の高緯度地方(緯度40° - 60°付近)。

太平洋岸北西部アメリカ合衆国オレゴン州ワシントン州カナダブリティッシュコロンビア州)の沿岸、ニュージーランドチリ南部、アフリカ東部、ヨーロッパ西部など。特にCfcはシェットランド諸島アラスカ州南海岸やアイスランド南部、さらにはノルウェー北部の北極圏内、北緯70度近くにまで分布する。

大陸東岸においても北米のアパラチア山脈地域に見られる。ただし、これは周囲の平地が温暖湿潤気候で、高山気候の要件を満たすほどではないが高地にあって夏の気温が低いためにこのような気候になるものである(日本でも那須など、関東地方中部地方の高原地帯にそのようなケースがみられる)。また、南半球では、オーストラリア大陸の南東部やニュージーランドもこの気候である。

日本での分布地域[編集]

  • 北海道道南から道央にかけての一部沿岸地域や、本州北部の青森県岩手県の一部なども定義上はCfbに属する。南の温暖湿潤気候と、北の亜寒帯湿潤気候に挟まれた帯状に分布している[2]
  • しかしこれらの地域は気温や降水量の年較差が大きいこと、大陸の西岸ではないこと、さらには植生などから典型的な西岸海洋性気候とは異なる。
  • 日本の西岸海洋性気候に属する地域は北日本太平洋側や東日本以西の高原地帯が多く、DfbETとの境界に近い地点も存在する。
  • 高等学校の地図帳にかつて掲載されていた「日本におけるケッペンの気候区」によれば、西日本紀伊山地中国山地四国山地九州山地にもCfb(温帯多雨夏冷涼気候)の領域が分布している[3]
  • 過去に存在した山岳気象官署[注 1]である箱根山(標高940.2m)、比叡山(標高831.5m)、愛宕山(標高862.7m)、英彦山(標高1194.3m)、脊振山(標高1055.0m)も観測期間は短いがCfbに相当していた[4]温泉岳(衣笠山、標高849.4m)も相当していたが、1977年3月に標高665.8m地点に移転した。
  • 南九州では気温の年較差が比較的小さく、過去に存在した霧島測候所(大浪池、標高1324m、廃止)では2月の平均気温が-1.6℃、7月の平均気温が18.6℃であった[4]林野庁屋久島森林環境保全センターの観測では、屋久島の淀川登山口(標高1380m)において1月・2月の平均気温は2℃前後、7月・8月の平均気温は19℃前後と、気温としては典型的な西岸海洋性気候の欧州大西洋沿岸の各都市に近い。しかし、屋久島淀川登山口の雨量は欧州各都市より一桁以上多く年間1万mm以上の雨量もしばしば観測されている[5]

西岸海洋性気候に属する観測地点が存在するのは以下の市町村である。(かっこ書きはアメダスの設置点):

  • 北海道
    • えりも町襟裳岬)標高63m - 最寒月の平均気温が-2.5℃であり、気候はDfbに限りなく近い
    • 浦河町(浦河)標高36.7m - 最寒月の平均気温が-2.5℃であり、気候はDfbに限りなく近い
    • 室蘭市(室蘭)標高39.9m - 最寒月の平均気温が-2.0℃であり、気候はDfbに近い
    • 神恵内村(神恵内)標高50m - 最寒月の平均気温が-2.5℃であり、気候はDfbに限りなく近い
    • 寿都町(寿都)標高33.4m - 最寒月の平均気温が-2.4℃であり、気候はDfbに近い
    • せたな町(せたな)標高10m - 最寒月の平均気温が-2.0℃であり、気候はDfbに近い
    • 函館市(川汲、高松[6])標高25m - 最寒月の平均気温が-2.4℃、-2.1℃であり、気候はDfbに近い
    • 木古内町(木古内)標高6m - 最寒月の平均気温が-2.5℃であり、気候はDfbに限りなく近い
  • 福島県
    • 天栄村(湯本)標高640m - 最寒月の平均気温が-2.3℃であり、気候はDfbに近い
  • 山梨県
    • 山中湖村(山中)標高992m - 最寒月の平均気温が-2.6℃であり、気候はDfbに限りなく近い
  • 長野県
    • 阿智村(浪合)標高940m - 最寒月の平均気温が-2.4℃であり、気候はDfbに近い

典型的な都市[編集]

Cfb[編集]

ロンドン
雨温図説明
123456789101112
 
 
52
 
8
2
 
 
34
 
8
2
 
 
42
 
11
4
 
 
45
 
14
5
 
 
47
 
17
8
 
 
53
 
20
11
 
 
38
 
23
14
 
 
47
 
23
13
 
 
57
 
20
11
 
 
62
 
15
8
 
 
52
 
11
5
 
 
54
 
9
3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Met Office:Greenwich 1971–2000 averages

Cfc[編集]

レイキャヴィーク
雨温図説明
123456789101112
 
 
76
 
2
-3
 
 
72
 
3
-2
 
 
82
 
3
-2
 
 
58
 
6
0
 
 
44
 
9
4
 
 
50
 
12
7
 
 
52
 
13
8
 
 
62
 
13
8
 
 
67
 
10
5
 
 
86
 
7
2
 
 
73
 
3
-1
 
 
79
 
2
-3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:WMO

気候の特徴[編集]

偏西風の影響を受ける、海洋性気候。年間で平均した雨が降る。気温年較差も少ない。

夏は涼しく、冬も暖流(北大西洋海流など)と偏西風によって暖かい空気が送られているため大陸東岸よりは緯度の割に寒くない。

メルボルンなど乾燥帯に近い地域では乾燥帯から熱風が吹き込むため日較差が大きく最高気温が40℃を超えることもあるが、冬は温和となる。これ以外の地域では、夏の暑さは厳しくなく過ごしやすい。

樹木の特徴[編集]

この気候は別名をブナ気候という。それはブナニレオークなどの落葉広葉樹や高地では針葉樹が生育しているためである。

日本では、西岸海洋性気候に分類される地域と、ブナの北限が近接している特徴がある[2][11][12]

土壌[編集]

褐色森林土という肥沃(ひよく)な土壌が分布している。

産業の特性[編集]

Cfb地帯ではあまり暑くならず過ごしやすい。夏には良質な牧草が育ちやすいことから畜産農耕を組み合わせた混合農業酪農がさかんである。

西ヨーロッパでは地形の影響で内陸までこの気候が及び、河川流量が一定で水上交通が古くから発達したことなどが産業文化を発達させたともいわれている。

Cfcは冬こそ積雪が根雪にならないものの、月平均気温10℃以上の持続期間が3か月以下で農耕が困難なため牧羊などの畜産が中心となる。シェットランドシープドッグもこのような気象条件の中で北欧のシープドッグを交配させて生まれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

註釈[編集]

  1. ^ 第二次世界大戦以前は日本各地に山岳気象官署が存在していたが、戦後に人員不足・ラジオゾンデの発達などから整理廃止されていった「高層気象観測の発展と現状」についてのコメントに対する回答 (PDF) 。これらの観測時代は古いため現在では気候が変わっている可能性がある。

出典[編集]

  1. ^ 福井(1973):96ページ、矢澤(1989):354ページ
  2. ^ a b 東北地方北部から北海道地方におけるケッペンの気候区分の再検討 - 宮本昌幸 北海道地理学会『地理学論集』通巻84号(2009年7月号)
  3. ^ 日本におけるケッペンの気候区, 帝国書院(1999), p78.
  4. ^ a b 気象庁(1958)『山岳気候表:昭和14−23年(気象庁観測技術資料、第9号)』気象庁
  5. ^ 屋久島森林環境保全センター, 雨量・気温モニタリング調査
  6. ^ a b 2003年 - 2010年までの8年間の準平年値。
  7. ^ 大井沢 平年値(年・月ごとの値) 主な要素 - 気象庁
  8. ^ 筑波山 年ごとの値 主な要素 - 気象庁
  9. ^ a b c 帝国書院編集部、2017、『新詳高等地図』、帝国書院 ISBN 978-4-8071-6208-6 平成29年度版
  10. ^ a b c d e f 二宮書店編集部、2017、『詳解現代地図』、二宮書店 ISBN 978-4-8176-0397-5 平成29年度版
  11. ^ 従来、ブナの北限として黒松内町(Dfbに属する)が知られていたが、2007年、寿都町がブナの北限と確認された。
  12. ^ ブナ天然林北進最前線における分布拡大過程の解明 - 科学研究費助成事業データベース

参考文献[編集]