国策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国策(こくさく)とは、国家が決定する政策のこと。国家政策という語も同様の意味として用いられる。

諸国の現状[編集]

明治時代日本においては、欧米列強植民地化されないことが究極の国策であった。特に幕府が結んだ不平等条約の改正は悲願であった。まず、版籍奉還廃藩置県など制度の上から近代国家の体裁を整える必要があった。そして、大日本帝国憲法発布によって一応の完成を見た。また、産業を近代化する必要もあった。殖産興業が国策となり、富岡製糸場に見られるように各地に官営工場が設置された。鉄道電信も開通した。富国強兵も国策で国民皆兵の近代的な軍隊が作られた。また、近代国家の建設と実現の為に帝国大学や各種軍学校三工大や興亜工業大学(現在の千葉工業大学)などの官学が順次作られ、国家を支える人材が国策で育てられた。

現在の日本は、地下資源に乏しく狭い国土に多数の住民を擁するという比較的厳しい条件に対応した結果、主に高度な工業製品海外輸出によって得た利益で、国内で不足する鉱物資源食料・他の生活物資を輸入する、いわゆる貿易立国(または加工貿易)という国策を採用している状態といえる。このため、海外の貿易相手国とその周辺国の経済的・軍事的・政治的な安定が日本の国内の安定に直接つながるため、結果として平和主義が国策であるとも言える状態となっている。

大韓民国反共が表向きの国策であるが、太陽政策を緊張緩和策としている。政府共産主義に建前上は反対しているので、男性は入隊の義務を持つ。

中華人民共和国では、改革開放(かいかくかいほう、拼音: gǎigé kāifàng)が、鄧小平の指導体制の下で、1978年12月に開催された中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議で提出され、国内体制の改革および対外開放政策がとられている。また幾何級数的な人口の増加に法規制を加えるため「一人っ子政策」も国策であった。

関連項目[編集]