コナラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コナラ
Quercus serrata 03.jpg
コナラ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: ブナ目 Fagales
: ブナ科 Fagaceae
: コナラ属 Quercus
: コナラ Q. serrata
学名
Quercus serrata Murray[1]
シノニム
和名
コナラ(小楢)

コナラ(小楢[5]学名: Quercus serrata)はブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹。別名で、ハハソ[5]、ナラ[1]ともよばれる。

名称[編集]

和名コナラの名は、もう一つの日本の主要なナラであるミズナラの別名であるオオナラ(大楢)と比較してつけられた[5]

コナラの花言葉は、「勇気」「快活」である[5]

特徴[編集]

北海道本州四国九州南千島朝鮮半島に分布する[5]。日本では雑木林に多く見られ、クヌギと共に雑木林を構成する主要樹種である[5]

落葉広葉樹高木[5]互生し、長楕円型で縁に尖った部分がある。花期は春(4 - 5月)で、若葉が広がる時に咲き、雄花は尾状に垂れ下がる[5]。果期は10 - 11月で、秋にドングリ)が熟す[5]樹皮灰色で、縦に裂け目が出来る。

落葉樹だが、秋に葉が枯れた時点では葉柄の付け根に離層が形成されないため葉が落ちず、いつまでも茶色の樹冠を見せる。に新葉が展開する頃に枯れた葉の基部の組織で離層が形成され、落葉が起きる。

種内変異[編集]

亜種
  • フモトミズナラ (Quercus serrata Murray subsp. mongolicoides) - シノニム (Quercus crispula var. mongolicoides)。ミズナラの変種ともされる。以前はユーラシア大陸産のモンゴリナラ (Quercus mongolica) と同種とされた。研究者により様々な見解が存在し、はっきりしない。
変種
  • マルバコナラ(ビワバコナラ)(Quercus serrata var. pseudovariabilis)
品種
  • シダレコナラ (Quercus serrata f. dependens)
  • テリハコナラ (Quercus serrata f. donarium) - シノニム (Quercus serrata var. donarium)
  • アオナラ (Quercus serrata f. concolor) - シノニム (Quercus serrata var. concolor, Quercus neostuxbergii)
  • ハゴロモアオナラ (Quercus serrata f. pinnata)
  • タレハハゴロモアオナラ (Quercus serrata f. pinnatifida)
交雑種
  • コガシワ (Quercus x takatorensis) - カシワとの交雑種
  • チョウセンコナラ (Quercus x maccormickii) - ナラガシワとの交雑種
  • オオバコナラ (Quercus x major) - ナラガシワとの交雑種
  • ミズコナラ (Quercus x crispuloserrata) - ミズナラとの交雑種

利用[編集]

材は木炭の原料や、シイタケの原木に使われる[5]。多くの菌類菌根を作るため、コナラ林には多くの菌根性のきのこが出現する。関東以西ではクヌギと並んで人里の薪炭林に植栽され、重要な燃料源であったが、1960年頃以降、燃料の需要の主力が木材から化石燃料へと変化したことで、薪炭林としての位置づけは失われた。また、かつて東北地方の山村では、コナラのドングリはミズナラのドングリと並んで重要な食料であった[要出典]

岩手県などの山村周囲の森林には大量のドングリを実らせるコナラやミズナラの巨木が数多く自生しており食用としての需要をよく賄っていたが、大正期以降、このコナラやミズナラの森林は、東京近郊への燃料供給基地と位置付けられて伐採を受けた。この変化は山村に現金収入をもたらしたが、往古のコナラやミズナラの巨木が生い茂った森林は失われ、今日の東北地方の山林では、かつての山村人口を養った程のドングリの生産力は見込めない。

病虫害[編集]

コナラがかかる病虫害に「ナラ類萎凋病(ナラるいいちょうびょう)」があり、夏頃から葉が赤色に染まって枯死する病気である[5]。カビの仲間である病原菌を、カシノナガキクイムシが媒介することで起こる感染症で、歴史上ではときどき流行をしている[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus serrata Murray” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月22日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus glandulifera Blume” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月22日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus serrata Thunb.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月22日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus serrata Murray f. suberosa Hayashi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 田中潔 2011, p. 40.

参考文献[編集]

  • 田中潔 『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、40頁。ISBN 978-4-07-278497-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]