ベンゲット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベンゲット州

ベンゲット州Province of Benguet)は、フィリピン北部ルソン島にあるコルディリェラ行政地域Cordillera Administrative Region, CAR)に属するである。北にマウンテン州、東にイフガオ州カガヤン・バレー地方ヌエヴァ・ヴィスカヤ州、南にイロコス地方パンガシナン州、西にラ・ウニョン州、北西にイロコス・スル州と接する内陸州である。

1966年6月18日、ベンゲット州は、イロコス地方の1つとなり、1987年7月15日にCARが確立され、ベンゲット州は以来この地域の1つとなった。面積は2,655.4km2、人口は582,515人(2000年)でCAR内では最も多い州である。最大の都市バギオBaguio)であるが、州から独立した都市で、州都は地方自治体の1つラ・トリニダードLa Trinidad)(人口約10万人)である。

アグノ川上流にアンブクラオダムとビンガダムが建設されて、発電された電気はマニラに送電されている。

気候[編集]

ベンゲット州は1,000mから2,000mの高地にあり、首都マニラにより気温が10℃程低く、7月から8月にかけても気温が25℃ことが少なく過ごしやすい。1~3月でも、ラ・トリニダードにおいて日中15~20℃、夜間は10~13℃、2,000mの高地に至ってはさらに低くなるが降雪はみられない。6月から11月が雨季、12月から5月までが乾季。

産業[編集]

イチゴ売り(ラ・トリニダード)
  • 高原野菜(キャベツ、ニンジン、ジャガイモ、レタス、大根)、イチゴが特産。ラ・トリニダードの谷間は「ルソン島の菜園」とも呼ばれ、これらの野菜は州都ラ・トリニダードの集積基地トレーディング・ポストに集められ、主にマニラ首都圏に出荷される。こちらの野菜は「バギオ野菜」と呼ばれ、他産地に比べて高値で取引される。
  • 鉱業(金、銅等を産する)

関連項目[編集]