北ダバオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北ダバオ州の位置

北ダバオ州(きたダバオしゅう、英語: Province of Davao del Norte)またはダバオ・デル・ノルテ州は、フィリピン南部ミンダナオ島にあるで、ダバオ地方Davao Region, Region XI)に属している。

東部にダバオ・デ・オロ州、南西部に南ダバオ州、西部に北ミンダナオ地方ブキドノン州、北部にカラガ地方南アグサン州と接している。南部のダバオ湾英語版が広がっている。面積は3,463.0km2、人口は1,016,332人(2015年)、州都はタグム英語版Tagum)である。

歴史[編集]

フィリピン独立当時、現在のダバオ地方には単一のダバオ州があり、その州都はダバオだった。1967年に北ダバオ州、南ダバオ州、東ダバオ州の3つに分けられた[1]。ダバオ市は南ダバオ州に属した(ただし南ダバオ州の州都はディゴス英語版)。1996年に北ダバオは22の自治体から構成されていた[1]フィデル・ラモス大統領時代の1998年に北ダバオ州からコンポステラ・バレー州(後にダバオ・デ・オロ州に改称)が分割された[1]。残った北ダバオ州はタグムを州都とし、新たにサマル市英語版が作られた。新しい北ダバオ州は8つの自治体、2つの都市(タグムとサマル)、223のバランガイから構成された[1]。2001年にはパナボ英語版が3番目の市に昇格した[1]

北ダバオは古くは南ミンダナオ地方に属していた。2001年に地方の再構成が行われて南ミンダナオ地方はダバオ地方と改称され、一部が新設されたソクサージェン地方に移された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]