洗濯糊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

洗濯糊(せんたくのり)は、衣類の感触を改善したり型崩れを防止するために使用される薬剤。ワイシャツシーツなどにパリッとした感触をもたらし、汚れが付着しにくくなる効果もある。化学糊と、デンプンを主成分とした天然糊とに大別でき、化学糊は加工デンプンやカルボキシメチルセルロース(CMC)主成分とする半合成糊と、ポリ酢酸ビニルポリビニルアルコール(PVA)、耐熱性ポリマーなどを主成分とする合成糊に分類できる。天然糊は家庭で片栗粉小麦粉コーンスターチを材料にして作ることもできる。しかし、カビ虫害による変質のおそれがあるため、糊付けしたままの保管には適さない。剤形は液状・ジェル状・粉末・スプレータイプなどがあり、液状や粉末のものはすすぎの後脱水前に、糊を溶いた液に衣類を漬け込む。スプレータイプのものはアイロン掛け時に使用し、元など部分糊付けに適する。

日本で市販されている主な洗濯糊[編集]

  • キーピング花王。洗濯機用とアイロン用とがある。)
  • カンターチ(ジョンソン。天然糊を主成分としたスプレータイプ。)
  • カネヨノール(カネヨ石鹸。PVAを主成分としたジェルタイプ。)

このほか、マルフクケミファロケット石鹸などからも発売されている。

参考資料[編集]