オスマン・ユセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オスマン・ユセフ
本名 Osman Yusef
別名義 オスマン・ユスフ
ジョニー・ユゼフ
ユセフ・オスマン
オズマンド・ユセフ
ジョーゼフ・オットマン
ユセフ・オットマン
ジョニィ・ユセフ
ユセフ・ホスマン
生年月日 (1920-05-23) 1920年5月23日
没年月日 (1982-08-29) 1982年8月29日(62歳没)
出生地 Flag of the Ottoman Empire (1844–1922).svg オスマン帝国
民族 タタール人
職業 俳優
ジャンル 映画
テレビドラマ
活動期間 1944年 - 1982年
テンプレートを表示

オスマン・ユセフ(Osman Yusuf, 1920年5月23日 - 1982年[1]8月29日)は、日本で活躍したオスマン帝国出身の俳優。別名義はユセフ・オスマン、ジョニー・ユゼフ、オズマンド・ユセフなど多数。

来歴・人物[編集]

大柄な体格と八の字眉の朗らかな顔つきが特徴で、サングラスをかけている役柄が多い。

国籍はトルコで、戦前に来日して永住権を持っていた[1]日本語のセリフが喋れる、貴重な外国人俳優として、映画テレビ番組に出演したほか、同じトルコ人俳優のエンベル・アルテンバイとともに国際演技者紹介所の中心人物として他の外国人エキストラのコーディネートも担当した[2]

また東宝では、ヘンリー大川とともに通訳もこなし、音声収録にも立ち会うなどノンクレジットながら様々な分野で作品制作に携わった[3]

実弟(兄とする説もあり[1][4])はプロレスラーで同じく俳優ユセフ・トルコ[1]

映画『モスラ』の撮影では、「日本語が上手すぎるから、もっと外人ぽく話してほしい」と指示されたところ、「ワタシ、ガイジンミタイナシャベリカタ、デキマセン」と返したという[5]

1982年8月29日死去。62歳没。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • まぼろし探偵(1959年) 
    • 第2話「時限爆弾」 - マンダラン国暗殺団員
    • 第24・25話「ウランの秘密」 - ネルソン
  • 泣いてたまるか 第1話「ラッパの善さん」(1966年)
  • キイハンター(1968年) 第1話 「裏切りのブルース」
  • ウルトラシリーズ
  • マイティジャック 第7話「月を見るな!」(1968年) - アダムス博士[1]
  • 戦え! マイティジャック(1968年)
    • 第4話「とられたものはとりかえせ!!」 - 科学者[注釈 3]
    • 第8話「地獄へ行って笑え!」 - 犯罪組織キルのボス
  • 緊急指令10-4・10-10 第1話「狂った植物怪獣」(1972年) - 白人の男
  • だから大好き! 第1話(1972年) - 外国人教師
  • 太陽にほえろ!
    • 第3話「あの命を守れ!」(1972年) - アーサー・ラインハート
    • 第27話「殺し屋の詩」(1973年)
  • 変身忍者 嵐 第28話「殺しにやって来る! 魔女メドーサ!!」(1972年) - 南蛮人
  • 愛の戦士レインボーマン
    • 第4話「マカオの殺人ショウ」(1972年) - マカオ便の乗客
    • 第30話「モグラート大破壊作戦」(1973年) - サウスアイアン共和国領事
    • 第34 - 36、39話(1973年) - アリシア連邦大統領補佐官・ダリンジャー
  • 眠狂四郎 第9話「異人の剣が吠える」(1972年)
  • プレイガール
    • 第204話「悪魔のような女」(1973年)
    • 第235話「裸女よパリを見て死ね!」(1973年)
  • 流星人間ゾーン 第15話「沈没! ゴジラよ東京を救え」(1973年) - ガロガバラン星人
  • キカイダー01 第16話「恐怖! ミイラ男のニトロ爆弾」(1973年) - 水爆機パイロット
  • ロボット刑事 第20話「水爆飛行船 東京へ!」(1973年) - ヘンリー
  • ダイヤモンド・アイ 第1話「わが名はダイヤモンド・アイ」(1973年) - 羽田空港の客
  • 荒野の用心棒 第27話「火の砦にオロシャ砲が轟いて…」(1973年) - ロマノフ
  • 唖侍鬼一法眼
    • 第2話「くちなしの子守唄(1973年)
    • 第26話(最終回)「寛永寺の決闘」(1974年)
  • イナズマン 第8話「恐怖砂あらし! 大空港沈没!!」(1973年) - 旅客機の乗客
  • 傷だらけの天使 第1話「宝石泥棒に子守唄を」(1974年) - 宝石バイヤー
  • 電撃!! ストラダ5 第12話「殺人マシンを狙撃せよ!」(1974年) - アルメニア共和国・ケリー司法長官
  • 正義のシンボル コンドールマン 第5話「紅コウモリ現わる」(1975年) - レストランの客
  • Gメン'75
    • 第5話「純金の死体」(1975年) - 大使館員
    • 第61話「沖縄に響く痛恨の銃声(1976年) - 沖縄米軍司令官
    • 第86話「パリ警視庁の五百円紙幣」−第88話「パリ-紺碧海岸コートダジュール縦断捜査」(1977年)
  • 賞金稼ぎ 第16話「忍びのテクニック」(1975年)
  • 破れ傘刀舟悪人狩り 第19話「浦賀沖波高し」(1975年) - ウォーレン
  • 大非常線 第7話「挑戦」 (1976年、NET/東映) - モールジー ザビアエル外交特使
  • NHK特集鹿鳴館 条約改正 前・後編」(1976年) - ブランケット
  • 人魚亭異聞 無法街の素浪人(1976年) - ヘボン医師(セミレギュラー出演)
  • 隠し目付参上 第15話「長崎出島泣くは異人か混血娘か」(1976年)
  • 宇宙鉄人キョーダイン 第39話「どうする!? マレー大彗星が地球に衝突」(1977年) - 防衛軍参謀
  • スーパー戦隊シリーズ
  • 大鉄人17 第2話「地上最大の巨人頭脳」(1977年) - 囚人[注釈 3]
  • ご存知!女ねずみ小僧 第16話「浮世絵 海を渡る」(1977年) - タンギー
  • 特捜最前線(1978年)
    • 第37話「犯罪都市・25時の慕情」
    • 第52話「羽田発・犯罪専用便329!」
    • 第151話「喝采・地上20メートルの密室!」
  • 江戸川乱歩の黄金仮面 妖精の美女(1978年) - 来賓客
  • ミラクルガール 第3話「アムステルダムに消えた美女」(1980年)- 洋書店「禅」店主
  • 大激闘マッドポリス'80 第15話「005便で来たスナイパー」(1980年) - 某国革命指導者
  • ポーツマスの旗 第一部・第二部(1981年) - ロシア外交官・ウィッテ

CM[編集]

  • 湘南家具センター

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本未公開部分。
  2. ^ 『国際秘密警察 鍵の鍵』の出演シーンの抜粋。
  3. ^ a b c ノンクレジット。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 東宝特撮映画全史 1983, p. 528, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ SFドラマ大図鑑 2013, pp. 34、58 - 59.
  3. ^ 世界大戦争』DVD
  4. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 34.
  5. ^ 「インタビュー 本編助監督 針生宏(聞き手・中村哲 友井健人)」 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月11日、46頁。ISBN 978-4-86248-761-2 
  6. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, pp. 536–537, 「主要特撮作品配役リスト」
  7. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 177, 「『ノストラダムスの大予言』作品解説/俳優名鑑」
  8. ^ 東京湾炎上”. 東宝 WEB SITE. 東宝. 2022年3月9日閲覧。

参考文献[編集]