西村伊作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西村 伊作
(にしむら いさく)
生誕 (1884-09-06) 1884年9月6日
日本の旗 日本和歌山県
死没 (1963-02-11) 1963年2月11日(満78歳没)
東京都
職業 建築家画家陶芸家詩人生活文化研究家作家
子供 石田アヤ(長女)
西村久二(長男)
百合(次女)
ヨネ(三女)
永吾(次男)
ソノ(四女)
ナナ(五女)
西村八知(三男)
西村九和(六女)

西村 伊作(にしむら いさく、1884年9月6日 - 1963年2月11日)は、日本の教育者。文化学院の創立者としても知られる。大正、昭和を代表する、建築家、画家、陶芸家、詩人、生活文化研究家。

来歴[編集]

誕生から青年期[編集]

和歌山県新宮市出身。豪商の父・大石余平、母・ふゆのあいだに長男として誕生。弟に大石眞子(次男)、大石七分(三男)がおり、三兄弟の名は敬虔なクリスチャンであった父親が、聖書に登場するイサク(伊作)、マルコ(眞子)、スティーブン(七分)にちなんで名付けた(伊作自身は生涯無宗教であった)。

母方の西村家は、奈良県下北山村(隣接の和歌山県北山村も含む?)一帯の山林王で[1]、本家に跡継ぎが途絶えたため、祖母もんによって1887年に4歳の伊作が西村家の当主に、父親の余平がその後見人に指名された[2]。余平一家は下北山村の西村家で暮らし始めたが、余平の西洋かぶれの暮らしなどから祖母と合わず、後見人を取り消されたため、再び新宮に戻った。父親は新宮教会を作って布教活動を行なうとともに、子供たちのために幼稚園も付設し[2]、暮らしの洋風化も精力的に推し進めた[3]1889年に新宮が洪水に見舞われ、教会も幼稚園も被害を受けたため、一家は愛知県熱田町に拠点を移した[2]熱田神宮近くに「キリスト教講義所」の看板を掲げて伝道活動を続けながら、亜炭採掘を生業とした[2]。伊作は洋服姿で尋常小学校へ通わされ[4]、目立つ格好からよく苛められた[2]

一家は名古屋市に引っ越し、伊作も転校した。1891年10月28日早朝、南武平町に新設されたばかりの名古屋英和学校(現・名古屋学院)のチャペルに家族で礼拝に訪れたその折に[2]濃尾地震が発生し、両親が崩れた教会の煉瓦の煙突の下敷きになって即死、当時7歳の伊作は重傷を負うも、生還した。この地震で、村の犠牲者は伊作の両親二人だけだった[要出典]。伊作ら子供たちは祖母もんに引き取られ、もんを親権者に伊作は西村家の戸主となり、莫大な財産を相続した[2]。11歳ころに、父の弟である大石誠之助がアメリカから帰国し新宮で医院を開業したのを機に、叔父の元に身を寄せ、新宮町高等小学校へ通う[5]

1898年、遠方からの入学者が多かった広島市の明道中学(1892年-1923年、他の出身者には黒島亀人石田一松ら)に学ぶ。広島には父の妹・井出睦世が牧師の夫ともに住んでいたので、そこから通った。日露戦争に対して非戦論を唱え社会主義思想を持ちビラ配りをした。1903年に中学を卒業したあとは、実家に戻り、家業である山林管理と材木商を継ぐ。伊作は、少年のころから洋風で端正な出で立ちから「異人さんのよう」と言われていた。青年期から独学で絵を描き、陶器をつくり、欧米のモダンリビングを取入れた自邸を設計して住み、またアメリカ留学を終えて帰国した医師である叔父大石誠之助と本格的に生活の改善、欧米化を推進した。1904年に誠之助が開いた新宮初の洋食屋「太平洋食堂」(1年ほどで閉店[3])も手伝った。

大石誠之助の影響を受けて社会主義思想に共鳴し、幸徳秋水堺利彦平民社に拠る社会主義者と交流した。

理想の暮らしを求めて[編集]

1905年に、兵役を逃れるため病気を理由にシンガポールへ脱出[3]。半年ほどで日露戦争が終わったため帰国し、1907年に材木問屋の娘、津越光恵と結婚[3]、前年に自らの設計で建てたバンガローで新婚生活を送った[6]1909年にはヨーロッパ各国とアメリカを巡る世界一周の旅をする。1911年に叔父の誠之助を大逆事件で失ったことから、政治的な活動家たちとは離れ[3]、代わりに、1915年に自ら設計した洋風の自邸を再び建て(現在の西村記念館)、与謝野鉄幹与謝野晶子夫妻、画家の石井柏亭、彫刻家の保田龍門、陶芸家の富本憲吉といった芸術家たちを東京から招き、地元作家である佐藤春夫らも交えて、文化人との交流を深めていった[6]1919年に最初の著作『楽しき住家』を出版、1920年には兵庫県御影町に西村建築株式会社を興し(1927年には東京銀座でも開業)、1921年からは、与謝野夫妻の『明星 (文芸誌)』に「『家』のこと」と題した建築論の連載を開始した[6]。伊作が理想とする新しい衣食住の研究のため、与謝野夫妻、堺利彦沖野岩三郎を顧問に「西村芸術生活所」も新設し、芸術的生活の啓蒙雑誌の刊行や、駿河台に日本人に生活改善を教えるためのホテル建設、小田原に芸術家用の文化住宅を集めたコロニーの建設などを計画した[3]

文化学院創設[編集]

長女アヤの小学校卒業を機に伊作はあらゆる女学校などを見て回るが自分の教育方針に適する学校がないと考え、娘のために自らが考える真の学校教育を模索し、さまざまな芸術家、文化人との交流のなか、歌人与謝野晶子、画家石井柏亭に当時の学校令に縛られない自由でより創造的な学校を作ることを打ち明ける。両者は大いに賛同し、1921年、ホテル用地として伊作が買ってあった駿河台の土地に[3]文化学院を創立。当時の中学校令や高等女学校令に縛られず、一流人たちによる芸術・学問の教育を行う快活で自由な学校をめざした教育を開始した。国との方針が違ったため補助金はなく、誰からの援助も受けず、すべて伊作自身の資産で運営された[7]。当時、与謝野鉄幹が慶応義塾の教授に就いたこともあり、文化学院は慶應義塾の構成に則って作られた。そのため文化学院の開校式には文部次官と共に慶應義塾塾長も臨席。また、文化学院の歴代教員などの関係者には慶應義塾出身者が多い。広辞苑にのる数少ない学校の一つとなった。

校舎は伊作自身の設計で建てられ、当時の学校建築の常識を離れ、英国のコテージ風の建て物にし、かなりの話題を呼んだ。文化学院の教員としてさまざまな文化人、芸術家たちを招き、文学部長に、与謝野鉄幹、晶子夫妻や、菊池寛川端康成佐藤春夫などがついた。美術は、石井柏亭有島生馬山下新太郎正宗得三郎棟方志功ノエル・ヌエットらが、音楽は、山田耕筰エドワード・ガントレットなど、ほかにも、北原白秋有島武郎芥川龍之介遠藤周作吉野作造高浜虚子堀口大學美濃部達吉ら数々の著名人が文化学院で教え、現在に至るまで数多くの著名人によって教育が行われている。

1923年関東大震災で校舎が全焼。校舎に保管されていた、与謝野晶子が14年かけて現代語に翻訳した源氏物語が 灰となる。校舎はかろうじて残った土台の上に、新しく積み上げて作り変えられた。現在、長野県軽井沢町ル・ヴァン美術館に創立当時の校舎が復元され、創立当時をうかがい知ることができる。

1943年、反政府思想や天皇を批判、自由思想によって不敬罪で拘禁され、文化学院の閉鎖命令を受ける。伊作は半年間投獄され、釈放後も裁判やり直しを求めたが、終戦の混乱で自然回避した。戦後、文化学院を再興する。戦時中、文化学院は捕虜収容所となっていたため、米軍の空襲を免れ、そのおかげで近くの山の上ホテルも焼けずに済んだという。しかし同じお茶の水にあるアテネ・フランセは空襲で焼失し、戦後は文化学院の校舎の一部を借りて講義を再開、1962年に新校舎が完成するまで文化学院内で講義が行われた。

学校経営を娘たちに譲って以降は、校舎の一部を寝起きに使ったり、陶芸製作に使ったりしていたが、実務からは離れ、1963年に78歳で亡くなった[3]

人物[編集]

私生活では、9人の子供に恵まれた。関東大震災の時には、家族を学院の中にあった自宅に残し、和歌山県の新宮に帰郷していたが、震災の東京での様子を聞いた伊作は、すぐさま汽車や船を乗り継ぎ、西村家と大きく書いた布を旗印に、燃え盛る東京のお茶の水周辺を歩き回り、自宅のある学院は無残にも燃え落ちているのを目の当たりにする。しかし、掲示板で家族は近くの与謝野亭に避難していることを知り、無事家族全員と再会できた。かつて両親を濃尾地震で失ったことから、伊作自身を大きく奮い立たせた。

作家の黒川創は、「西村伊作は、『ああ言えば、こう言う』のツムジ曲がりで、飽きずに一生を通した人である」「いわば、水に溶けきらない粒子のように、この日本という社会のなかで、伊作は生きた。彼の場合、逆風のなかだけでなく、たとえ順風が吹くときがあっても、まわりの社会や集団のなかに、『自分』が解消して終わるということがない」「彼は、どのような大義においても、殉教を称えようとしない人だった」と著書のなかで語っている。伊作は24歳で渡米した時、現地の人から、「お前は何者か、クリスチャンか、ナショナリストか、ソシアリストか」と問われ、I am only a freethinkerと答えたという。伊作は、毒舌家で、言いたいことをはっきり言う人であり、人々に説教するのが好きで、人前で演説することに快感を覚えていたという。学院の講堂では、でかでかと「天皇も乞食もたいして変わりはしない」と発言し、生徒や教員から止められることが多かった。

地元新宮ではケチで知られ、「金をつかったことのよろこびより、使わなくてすんだときのよろこびの方が大きい」と自らも書き残している。これは寄付の無心が多かったことと、浪費や詐欺などで財産を失わないように細心の注意を払っていたためで、毎年、所有している全山林の約50分の1を伐採して現金化し、その中から、自分のために使ってもよいとみなした費用の約3分の1を実際に使うようにしていたという[8]

文化学院、西村伊作について[編集]

与謝野晶子は、以下のように述べている。

西村伊作(にしむらいさく)氏といえば、去年以来社会に愛読された『楽しき住家』の著者として、特にその名を知られていますが、氏は稀(まれ)に見る多能な人で、画家、建築家、工芸美術家、詩人であると共に、更に熱心な文化生活の研究家であることは、友人のひとしく認めて驚いている所です。この西村氏が、日本人の生活を各方面から芸術的に改造する一つの小さな研究機関として、「芸術生活、西村研究所」を作ろうとする計画は去年の春以来のことで、その事は既に新聞紙に由って誇大に吹聴されたこともありましたが、西村氏は、その研究所の一部の事業として、先ず芸術的な自由教育の学校を興す決心をされたのです。

西村氏からこの事の相談を最初に受けたのは石井柏亭(いしいはくてい)氏と私とでした。画家である石井氏、詩人である私、この二人に対して、西村氏はその学校の実際の責任者となることを求められたのでした。私たちがそういう教育の重任に就くということは、言うまでもなく、社会の常識から見て突飛であるでしょう。西村氏はそれほど思い切った教育上の改革意見を齎(もた)らして私たちを驚かされたのでした。この事は私たちにも突然でしたが、石井氏にも私にも久しい間の親友である西村氏から相談を受けて見ると、三人が、一般の教育について、朧気(おぼろげ)ながら持っている平生の意見が期せずして一致し、話せば話すほど、実行方法の細部にわたる点までが同感であるのを発見しました。それで石井氏も快く進んでこの重任を引受けられ、私も喜んで石井、西村両氏の驥尾(きび)に附くことを承諾するに致りました。なお、学界と芸術界とにおける多数の先輩と諸友とが、私たち三人の事業を連帯して助成して下さることになりましたから、私はみずから微力であるにかかわらず、かえってこの事業のスタアトを甚だ心強く思います。

— 与謝野晶子、 [要出典]

学院の文学部長をつとめた佐藤春夫は、1960年10月の学内紙で以下のように語っている(抜粋)。

わたくしがわが伊作さんをはじめて見知ったのは、いつであったろうか。もう半世紀以上もむかし、十二、三歳のころでもあろうから、正確なところはわからないが、ある夏の日の午後、淡い空色のワイシャツに上衣を手にして、キョロキョロあたりを見まわしながら歩いている長身の若い紳士を見かけて、いかにも立派なハイカラな人だと思ったのが、わが伊作さんを見た第一の機会の幼い第一印象であった。もとより町中にひびきわたっている伊作さんの名はもっと早くから知っていたが、まだ見る機会がなかったのである。そうして町で見かけても、これが有名な伊作さんとは気がつかなかった。

そのうちに今でいうオートバイ、そのころは町ではその轟音によって一般にバタバタと呼んでいたものを吹っ飛ばして来る人を、町の人々が伊作さん伊作さんというので、はじめていつぞやの空色のシャツの人が伊作さんであったと知った。
そのうち三、四年もして、はしなくもわたくしは思いがけなく伊作さんの知遇を得るようになった。わたくしが中学校の小生意気な不良学生だということが、わがつむじ曲がりの伊作さんの気に入ったものと見える。
幸に家も近かったし、わたくしはまるで友達づきあいで、十も年長の伊作さんの家へ相手迷惑もかまわず押しかけたものである。その頃の十の違いは大人と子供とであるが、老幼や貴賤を問わず来る者を拒まず友だちにするのがわが伊作さんである。この人はその頃、絵を描いたり家のデザインをしたり陶器のかまを持ったり道楽を多く持っているせいか、酒や女など世上一般の金持の道楽はしない点も変った人であった。
この人はまことに楽しく上手に語る人で、特にその身の上話が面白いが、広島の中学校で制服というバカゲたものにあいそをつかし、アメリカへ渡って勉強することを思い立って、アメリカへ行ったら、アメリカ人が「お前は何者か、クリスチャンか、ナショナリストかソシアリストか」などと問うから一語、「自由思想家さ(オンリー・フリー・シンカー)」と答えてやったというが、この一語にこそ彼の自画像の最も簡略に正確な素描であろう、何んらの権威にも煩わされず、思う存分、我儘勝手にそうして長生きをしたのがわが伊作さんである。

— 佐藤春夫、「わが伊作さん」文化学院新聞29号

その他[編集]

伊作自身が設計した新宮市の自邸(現・西村記念館)は、国の重要文化財に指定されている。軽井沢には、三男の八知が設立したル・ヴァン美術館(館長は四女のソノ)があり、文化学院創設当時の雰囲気を再現している[9]。伊作が設計し、現存する建物に、桑原医院(現・下北山村立歴史民俗資料館)、倉敷教会[10][11]、石丸助三郎邸(現・結婚式場「ラッセンブリ広尾」)などがある。

記録映画として、文化学院卒業生でもある清島利典監督による『ISAKU』(2001年)がある[12]

家族[編集]

  • 父・大石余平(鉱山業などを営む豪商の長男)。父方の叔父(余平の末弟)・大石誠之助(アメリカ留学後医師になり、大逆事件で刑死)。父方の伯母(余平の妹)・井出睦世ミッションスクール梅花女学校で学び、牧師と結婚。睦世が学校から持ち帰った聖書を見て余平はキリスト教に興味を持った)。
  • 母・大石ふゆ。母方の祖母・西村もん。西村家は、代々吉野地方有数の山林地主。祖父の西村五郎兵衛は山林の売買でだまされたのをきっかけに精神を病み、亡くなった[13]
  • 弟に大石真子、大杉栄を援助した大石七分。二人とも同志社普通学校(現・同志社高等学校)に進学し、アメリカに留学。真子は3年、七分は7年ほど滞在して帰国。七分は絵がうまく、伊作から佐藤春夫邸(現・佐藤春夫記念館)などの設計を任されたりもしたが、派手な生活を好み奇行があったという。佐藤春夫の短編『FOU』は、七分の奇行をもとにしたものと言われている[14]本郷の菊富士ホテルに暮らし、高等遊民のような生活をしていた[15]。カフェの女給・いそと結婚し、子をもうけた。
  • 子にアヤ、久二、ユリ、ヨネ、永吾、ソノ、ナナ、八知、クワ。子供たちのほとんどに海外経験があり、娘のうち4人がスウェーデン、アメリカ、オランダベルギーの男性とそれぞれ結婚している[1]
  • 建築家坂倉準三は女婿(二女・百合の夫)。建築家の坂倉竹之助は孫。ヒップホップMCSPHEREは曾孫。伊作はスメラ思想にかぶれた婿の準三のことを、「一種の誇大妄想狂だ」と評している[16]

著書[編集]

  • 『楽しき住家』警醒社書店 1919
  • 『田園小住家』警醒社書店 1921
  • 『装飾の遠慮』文化生活研究会 1922
  • 『生活を芸術として』文化生活研究会 1922
  • 『明星の家』文化生活研究会 1923
  • 『我子の教育』文化生活研究会 1923
  • 『現代人の新住家』文化生活研究会 1924
  • 『我子の學校』文化生活研究會 1927
  • 『わが子 その養育その教育』大隣社 1939
  • 『性愛の書』神田出版社 1947
  • 『女と貞操 女性身上相談』コバルト社 1948
  • 『学生と性教育』式場隆三郎共著 建設社 1949
  • 『恋愛学校』創元社 1952
  • 『我に益あり 西村伊作自伝』紀元社 1960
  • 『われ思う 人生語録』七曜社 1963

参考文献[編集]

  • 西村伊作自伝『我に益あり』紀元社, 1960年
  • 上坂冬子『愛と叛逆の娘たち―西村伊作の独創教育』中央公論新社 1983年
  • 加藤百合『大正の夢の設計家―西村伊作と文化学院』 朝日新聞社、1990年
  • 西村クワ『光のなかの少女たち-西村伊作の娘が語る昭和史』中央公論社 1995年
  • 田中修司『西村伊作の楽しき住家 -大正デモクラシーの住い- 』はる書房、2001年
  • 神奈川県立近代美術館『生活を芸術として/西村伊作の世界』展覧会カタログ、2002年
  • 黒川創『きれいな風貌 西村伊作評伝』新潮社、2011年 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 知られざる日本の山林王たち第四回 数奇な運命に導かれて p3野村進、本の話web、2012.05.21
  2. ^ a b c d e f g 西村伊作の幼年時代を中心に葛井義憲、名古屋学院大学
  3. ^ a b c d e f g h 加藤百合-大正の夢の設計家-西村伊作と文化学院松岡正剛の千夜千冊、2008年01月23日
  4. ^ 小さくていいもの『考える人』編集長河野通和、『考える人』メールマガジン243号、新潮社
  5. ^ 西村伊作と与謝野晶子-大正自由教育と文化学院影山昇、成城大学
  6. ^ a b c 妹尾韶夫(アキ夫)邸に示された西村伊作の住宅設計理念川崎衿子、文教大学教育学部紀要38, 27-36, 2004
  7. ^ 祖母が残した山林を売って資金を得ていた。
  8. ^ 知られざる日本の山林王たち第四回 数奇な運命に導かれて p5野村進、本の話web、2012.05.21
  9. ^ ル・ヴァン美術館とはル・ヴァン美術館公式サイト
  10. ^ 日本キリスト教団 倉敷教会の紹介
  11. ^ 日本基督教団倉敷教会教会堂倉敷市教育委員会文化財保護課
  12. ^ パジャマでパトロール? 清島監督が伊作の思い出語る 新宮市
  13. ^ 知られざる日本の山林王たち第四回 数奇な運命に導かれて p6野村進、本の話web、2012.05.21
  14. ^ 佐藤春夫記念館の見どころ熊野新宮モダンすぽっと
  15. ^ 上村一夫 菊坂ホテル松岡正剛の千夜千冊、2000年06月27日
  16. ^ 『我に益あり―西村伊作自伝』、紀元社、1960年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]