バカンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バカンスまたはヴァカンス: vacances)、とは、主としてフランス人の長期休暇の過ごし方、もしくはそれを意識した長期休暇の呼称[注 1]

概説[編集]

フランスの法律では、休暇は連続5週間まで取得可能となっている。夏季には企業経営者から 労働者従業員)まで、数週間のヴァカンスを[1]、子供たちも2ヶ月間のヴァカンスをとり[1]、思い思いの過ごし方で楽しむ。フランス人にとっては「人間が元気に生きていくため必要なもの」となっている[1] 一般的なスタイルのひとつは、(日本で一般的な短期周遊型の休暇と異なり)夏季に連続1ヶ月ほどにわたる長期滞在型休暇を過ごす、というものである。

ニースの海岸
パラグライダー(fr:Douelleにて。2010年7月)

例えば、海沿いのリゾート地に数週間滞在し、ひたすらマリンスポーツなどをして過ごすという過ごし方があるが、リゾートの豪奢なホテルに滞在するばかりではなく[1]、それぞれのスタイルでバカンスを楽しんでいる[1]。南フランスの普通の民家を借りて数週間におよぶ《田舎暮らし》を楽しむこともある[1]。北フランスと南フランスの住民の間でヴァカンス中、相互に住宅を貸し合いっている[注 2]。あるいは山中のコテージに家族で滞在し、ハイキングやパラグライダーなどスカイスポーツを楽しむ。またテントを張って安価に過ごし、かつ自然を満喫できるキャンプ場も多数ある。

フランスでは毎年7月なかば以降の週末になると、ラジオで交通情報が頻繁に流れるようになると言う[1]。日本と同じ温帯に属してはいるものの、パリ周辺の緯度はおおむね北海道に相当し[注 3]、冬期は特に夜が長く、寒冷になる。毎年バカンスの時期には、北フランスの大量の人口が、太陽の光と暖かい風を求めて、地中海沿岸部へと向けて移動を開始する。冗談めかしてしばしば「la grande migration 民族大移動」と呼ばれる[2]。日本のより移動の時期は分散しているが、それでも移動人口が膨大なため、毎年7月中旬以降の週末は南に向かう高速道路が数百kmほども渋滞し、迂回路などの交通情報が頻繁に流される。

ヴァカンスは長期間に渡るため、時として「ロマンス」が生まれるなど、時として人生を変えるほどのインパクトを持つ。

歴史[編集]

19世紀の段階では、バカンスは貴族ブルジョワのものであり、金持ちが何もしないでいる時間のことを指していた(vacancesとは、もとは「空(から)」といった意味の言葉)。 20世紀になり、フランスでは社会主義系政党が政権を握って以来、一般の労働者層に快適な環境を整える政策を実施してきた。長期間のバカンスもその一つで、まず人民戦線政権時代の1936年に2週間の有給休暇が法で認められ、1956年に3週間、1969年に4週間、そして1982年には5週間の連続休暇が認められた[3][注 4]

関連文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 英語では「バケーション」(: vacation)に相当するが、フランスのスタイルが一つの典型となるため、フランス語呼称が用いられることが多い。
  2. ^ 北フランスの人々が南フランスに滞在しているころ、南フランスの住民はパリや周辺の住宅を借りて首都周辺の生活を楽しむ。
  3. ^ パリ(北緯48度)に対し札幌(北緯43度)
  4. ^ fr:Vacancesの記述。 Quelques dates importantes :
    • 1936, en France, les premiers congés payés, 2 semaines, introduits par le gouvernement du Front populaire
    • 1956, en France, 3 semaine de congés payés
    • 1969, en France, 4
    • 1981, en France, 5.
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]