江南省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江南省
1645年 - 1667年
簡体字 江南
繁体字 江南
王朝
行政級別
政府所在地 江寧府
建置 1645年
廃止 1661年
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) - km²
人口

江南省(こうなん-しょう、満州語: ᡤᡞᠶᠠᠩᠨᠠᠨ
ᡤᠣᠯᠣ
 転写:giyangnan golo)は清初に存在した省。現在の江蘇省及び安徽省上海市に相当する。

歴史[編集]

江南省の前身は明代南直隷省である。清朝成立直後、南明政権による反清運動があり、国内の安定と税収の確保を目指した清朝は当時経済の中心地であった江南地方の行政管理の強化を目標に、1645年順治2年)に江南省を設置、省府を江寧府(現在の南京市)に設置した。

1667年康熙6年)、江南省は江蘇省及び安徽省に分割された。

経済[編集]

清初の江南地域は経済が特に発展し江南省のみで清朝歳入の三分の一を占めていた。また豊な経済を背景に科挙において多数の合格者を輩出している。

関連項目[編集]