クラインガルテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本のクラインガルテン(リバーパーク真見

クラインガルテン:Kleingarten)とは、ドイツで盛んな200年の歴史をもつ農地の賃借制度。クラインガルテン運動を広めたシュレーバー博士にちなみ、「シュレーバーガルテン」とも呼ばれる。

概要[編集]

日本語に訳すると「小さな庭」である[1]が、「滞在型市民農園」とも言われている。クラインガルテンは「クラインガルテン協会」が管理し、希望者は協会員になって区画を借りる。ドイツで最初のクラインガルテン協会は1814年、北部の街カペルン英語版に作られた。その後、1864年にライプツィヒで最初の協会が作られ、ドイツ各地に広まった。1919年には利用者の権利を保護する法律が定められ、国の制度に取り入れられた。

利用者の数は50万人を超える。大小の差は大きいが、利用者1人当たりの平均面積は100坪(330平方メートル)ほどで、賃借期間は30年。野菜や果樹、草花が育てられ、ラウベ (laube) と呼ばれる小さな小屋が併設されている。ほかに、池を掘って庭園のようにしている例もある。個々のクラインガルテンは分散しているわけではなく、ある程度ひとまとまりになっており、大きな緑地帯を形成している。例えば、日本の墓地公園において墓石の代わりに小屋が置かれ、そこで家庭菜園が行われているようなものである。

老後の生き甲斐や余暇の楽しみの創出という役割だけでなく、都市部での緑地保全や子どもたちへの豊かな自然教育の場として大きな役割を果たしている。日本においても1993年平成5年)、長野県東筑摩郡四賀村(現:松本市)に「坊主山クラインガルテン」、同年兵庫県多可郡多可町に「フロイデン八千代」が開かれ、多くの利用者を迎えているほか、長野県北佐久郡御代田町群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢茨城県笠間市などでも同様の施設を作る動きが広まっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年5月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]