タヒバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タヒバリ
タヒバリ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: セキレイ科 Motacillidae
: タヒバリ属 Anthus
: タヒバリ A. pinoletta
学名
Anthus pinoletta
(Linnaeus, 1758)
和名
タヒバリ
英名
Water Pipit

タヒバリ(田雲雀、田鷚、学名:Anthus spinoletta)は、スズメ目セキレイ科に分類される鳥類の一種である。


分布[編集]

ユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン千島列島アラスカ北アメリカツンドラ地帯等で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、朝鮮半島日本に渡り越冬する。

日本では冬鳥として本州以南に普通に渡来する。北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥である。

形態[編集]

体長約16cm。冬羽は頭部から背中までの上面が灰褐色で、翼と尾は黒褐色。喉から体下面は黄白色。眉斑とアイリングは淡色。夏羽は、眉斑と体の下面が澄色がかってくる。また、体の上面は灰色が強くなる。

生態[編集]

越冬地では、農耕地、川原、海岸などの開けた土地に群れで生活する。他のセキレイ類同様、尾を上下によく振る。

主に地上で、草の実や昆虫類を採食する。

繁殖地での産卵期は6-7月で、卵数は4-5個、抱卵日数は約14日である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
スズメ小目 Passerida
スズメ上科 Passeroidea
セキレイ亜科 Motacillinae

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • 高野伸二他 『山渓カラーガイド 日本の野鳥』、山と渓谷社

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「タヒバリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類