ウルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルム

Ulm
ウルムの紋章
紋章
ウルムの位置(ドイツ内)
ウルム
ウルム
北緯48度24分0秒 東経9度59分0秒 / 北緯48.40000度 東経9.98333度 / 48.40000; 9.98333
ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区 テュービンゲン行政管区
地域連合 ドナウ=イラー地域連合
郡独立市
行政区域 18 Stadtteile
行政
 • 市長 グンター・ジシュ (CDU)
面積
 • 合計 118.69km2
最高標高
646m
最低標高
459m
人口
(2020年12月31日)[1]
 • 合計 126,405人
郵便番号
89073 – 89081
市外局番 0731, 07304, 07305, 07346
ナンバープレート UL
自治体コード 08 4 21 000
ウェブサイト www.ulm.de
ウルム大聖堂とその周辺
ドナウスタジアム停留所のシュトラーセンバーン車両
大聖堂ヘスクールトリップ
大聖堂よりドナウを望む
ウルムの風景(1900年頃)

ウルムアレマン語・標準ドイツ語: Ulm)は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州南部に属する都市。人口は約12万人。街のランドマークであるウルム大聖堂は世界で最も高い尖塔を有する教会として有名である。

ウルムは物理学者アルベルト・アインシュタインの出生地、ルネ・デカルト直交座標系を思いついた地としても知られている。

地勢・産業[編集]

ドナウ川の左岸、バーデン=ヴュルテンベルク州とバイエルン州の州境に位置する。商工業が盛ん。近隣の都市としては、ドナウ川の東側に隣接するノイウルム(新ウルムの意)、約70キロ東にアウクスブルク、55キロ西にロイトリンゲン、70キロ北西にシュトゥットガルトが挙げられる。

歴史[編集]

ドナウ川沿いに位置したため、中世より交通の要所として栄えた。12世紀には、帝国都市としての特権を認められた。1327年にはツンフト闘争を通じて、手工業者が市政に関わるようになった。14世紀後半に成立したシュヴァーベン都市同盟においては、中心的な役割を果たした。1619年、フランスの哲学者デカルトは、この街の近郊にある炉部屋での思索を通じて、生涯を通じて彼を虜にする「驚くべき学問の基礎」を見出したとされる。

1805年、20万を超えるナポレオンの大軍が、ウルム戦役オーストリア軍を撃破した。この2ヶ月後、ナポレオンはアウステルリッツの戦いで、オーストリア・ロシア軍に大勝を収めることになる。

第二次世界大戦においては、ウルム爆撃によって、旧市街の80パーセントほどが破壊される打撃を被ったが、大聖堂は奇跡的に無事であった。また、街も戦後に復興を果たして今日に至っている。

文化[編集]

指揮者カラヤンは、この街の市立歌劇場において、『フィガロの結婚』でオペラ指揮者デビューを果たし、以後5年間専属指揮者としてキャリア初期の拠点となった。

観光[編集]

ミュンスターと呼ばれるゴシック建築ウルム大聖堂(厳密には小教区教会)が有名である。尖塔は高さが161.53メートルで、教会の塔として世界一の高さを誇る。尖塔の先端近辺の高さ140mまで螺旋階段で登ることができる。螺旋階段には大きな風抜きの窓が随所に開けられている。

パン文化博物館ドイツ語版はパンと食糧、飢えなどをテーマに時代区切りで展示している[2]

交通[編集]

人口10万人程度の地方都市であるが、町にはLRT:路面電車(シュトラーセンバーン、ウルム市電)が走っている。

またアウトバーンの交通の要衝(十字路)になっており、西のカールスルーエ、シュトゥットガルトよりミュンヘンへ向かうアウトバーン8号線、北のヴュルツブルクより南のフッセンへ向かうアウトバーン7号線の交差点(Kreuz:クロイツ)になっている。アウトバーンの路線番号は東西方向が偶数、南北方向が奇数に割り振られている。

スポーツ[編集]

ウルム出身の人物[編集]

ウルムに関係がある人物[編集]

姉妹都市[編集]

早口言葉[編集]

ウルムはドイツでは早口言葉でも有名である。

In Ulm, um Ulm, und um Ulm herum.

脚注[編集]

  1. ^ Statistisches Landesamt Baden-Württemberg – Bevölkerung nach Nationalität und Geschlecht am 31. Dezember 2020 (CSV-Data)
  2. ^ 森本智子『ドイツパン大全』誠文堂新光社、2017年、215頁。ISBN 978-4-416-51731-4

外部リンク[編集]