オーガスト・カール・ライシャワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーガスト・カール・ライシャワー(August Karl Reischauer, 1879年9月4日 – 1971年7月10日)はアメリカ出身の在日宣教師である。駐日大使のエドウィン・ライシャワーの父

生涯[編集]

1848年ライシャワー一家がオーストリアよりアメリカに移住する。1879年のオーガスト・カールがジョンズバローに生まれる。1898年にインディアナ州ハノーヴァー・カレッジ英語版に入学して、1902年に卒業する。卒業後、シカゴマコーミック神学校に入学し、神学を学び、1905年の神学校卒業後に按手礼を受け、ヘレンと結婚して、宣教師として日本に赴く。1907年に日本で長男ロバートが生まれ、1910に次男エドウィン・ライシャワー(後の駐日大使ハーバード大学教授)が生まれる。

1912年アメリカに一時帰国して、シカゴ大学で研究をする。翌年は1913年にニューヨーク大学で「日本における仏教研究」と題して講演をし、学位を受ける。

その後、再び日本に戻り、1914年に長女フェリシアが生まれる。フェリシアの治療のために、アメリカに一時的に帰国するが、この年中に日本に戻る。

1917年に妻のヘレンがフェリシアを連れてアメリカに帰国する。一方、カールは明治学院高等部長として、1919年まで2年間務める。1918年にカールが東京女子大を設立して代表になる。1919年に妻ヘレンがフェリシアをアメリカに残して来日する。

1919年に明治学院高等部長から、明治学院神学部教授に就任して、1928年までその責務を担う。1920年から女子学院院長を兼任し、1927年まで務める。

1920年4月28日に日本聾話学校を設立、妻ヘレンが初代校長になる。 1937年上海滞在中のロバートが、北支事変の中国国民党軍の攻撃に巻き込まれて死亡する。

1941年に日米開戦と共に、ライシャワー一家がアメリカに帰る。1954年日本から在米中のライシャワーに勲三等瑞宝章が送られる。1956年に妻のヘレンがマサチューセッツ州ベルモントで亡くなる。

1961年カールは、エドウィン夫妻と共に19年ぶりに来日する。1971年7月10日カールが死去する。

参考文献[編集]

  • 畑昭夫『カール・ライシャワー』教会新報社

外部リンク[編集]