エステラ・コー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エステラ・L・コー(Estella L. Coe、1887年3月17日 - 1966年7月)は、アメリカン・ボード宣教師である。

1887年アメリカ合衆国オハイオ州オベリンに生まれる。オベリン大学を卒業、ウェスタン大学社会福祉学を専攻する。父親の遺言により宣教師になる。

1911年アメリカン・ボードの宣教師として来日し、神戸女学院に勤務する。1916年に鳥取市に赴任して、H・J・ベネットの協力を行う。鳥取教会を拠点に活動を行う。ベネットとコーの宣教師時代に鳥取教会は大きく教勢が拡大する。

また、キリスト教養護施設鳥取こども学園を設立する。

1918年9月鳥取大洪水の時には、幼児を救出する。1930年7月病のためにアメリカに帰国する。帰国後も鳥取こども園を支援し続け、1966年にアメリカで死去する。

コーに感化を受けたクリスチャン青年たちは、熊本バンドにならい鳥取バンドを結成した。彼らは、同志社や神戸女子神学校(現・聖和大学)で学び、牧師や伝道者として活躍した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 守部喜雅(2009年)145頁

参考文献[編集]