ラファス・ピーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラファス・ベントン・ピーリー(Rufus Benton Peery、1868年4月8日 - 1934年10月25日)は、アメリカ合衆国ルーテル派宣教師である。

来歴[編集]

バージニア州パークス・ガーデンに生まれる。父方も母方のルーテル派の著名な聖職者の家系である。ロアノーク大学を卒業し、1892年ゲティスバーグ神学校を卒業し、按手礼を受けて、1892年11月23日に来日する。先に赴任していたジェームス・シェーラーと協力者の山内量平と出会い協力して、佐賀県佐賀十字教会伝道を始める。日本に11年間滞在し、1903年アメリカに帰国する。帰国後はペンシルベニア州コロラド州イリノイ州オハイオ州ノースカロライナ州などで牧師と大学の教師を務める。ノースカロライナ州のラインで死去する。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年

関連項目[編集]