山内直丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 直丸(やまのうち なおまる、慶応2年7月15日1866年8月24日) - 昭和31年(1956年6月4日)は、福音ルーテル教会牧師。前名は鈴木直丸

来歴[編集]

生い立ち[編集]

慶応2年7月15日(1866年8月24日紀伊藩士・鈴木氏の息子として生まれる。鈴木氏の先祖は鉄砲術を善くし、島原の乱切支丹と交戦して戦死したという。明治5年(1872年)、7歳にして父を亡くし、母の手によって育てられたが、直丸が旧制中学校に通っていた頃、家財が傾いて遂に破産した。

明治15年(1882年)17歳の時、小学校の教師として奉職していた頃、ギリシア正教会に触れ、のち一致教会(現 日本基督和歌山教会)に転向する。明治18年(1885年ヘール宣教師の手によって洗礼を受ける。

受洗以降[編集]

明治22年(1889年)、福音の伝道に献身することを決意する。明治24年(1891年明治学院神学部に入学し、学を修めて明治28年(1895年)に同校を卒業する。その年、山内量平の招聘によって、日本ルーテル教会の最初の教会となる佐賀十字教会(現日本福音ルーテル佐賀教会)に赴任し、教会で献身的に活動をする内、山内量平に信頼されるところとなり、翌明治29年(1896年)9月、ジェームス・シェーラーの司式により、山内量平の実姪で後に養女となっていた山内あやと結婚する。この時、山内量平の婿養子となり氏を山内に改め、以後は名実ともに山内量平の後継者として活動することとなった。

開拓伝道時代[編集]

明治31年(1898年)、熊本に移って開拓伝道を行ない、熊本ルーテル教会や路帖神学校九州学院の設立に貢献した。明治32年(1899年)、義父・量平とともに按手礼を受けて、日本福音ルーテル教会の最初の牧師になる[1]。明治38年(1905年)、熊本ルーテル教会の教会堂を新築する。

その後、福岡県の小倉へ赴任し、のち東京ルーテル教会設立のために上京した。東京では、「聴声学舎」を創設して学生教育に努力を傾けた。

大正8年(1919年12月21日、教会全体を指導する立場である、教会年会議長に任ぜられた。大正10年(1921年)東京ルーテル教会を辞す。

晩年[編集]

昭和20年(1945年)、米軍の空爆によって被災し東京を離れ、金沢で終戦を迎える。その後、東京に戻り、A.J.アワルトらと日曜学校を補佐して余生を過ごした。

昭和31年(1956年6月4日昇天。享年91歳。

家族[編集]

実家の本姓は穂積。のち鈴木氏を称した。直丸の代になって山内姓を継ぐ。

補註[編集]

  1. ^ 『日本福音ルーテル教会 教職・按手礼認定名簿(2012)』による

参考文献[編集]

  • 『山内量平 -日本のルーテル教会初代牧師-』坂井信生著、中川書店、平成5年(1993年)7月
  • 『日本キリスト教歴史大事典』日本キリスト教歴史大事典編纂委員会編、教文館、昭和63年(1988年2月20日

外部リンク[編集]