西日本福音ルーテル教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西日本福音ルーテル教会(にしにほんふくいんるーてるきょうかい、略称WJELC)は日本のプロテスタント福音派のルター派の教団。 大阪府兵庫県岡山県鳥取県島根県広島県香川県徳島県千葉県に伝道している。神戸ルーテル神学校、聖書学院、「心に光を」メディアセンター、蒜山バイブルキャンプなどを持っている。香港台湾インドネシアモンゴルなどの海外教会と協力している。

特色[編集]

  • 聖書信仰
  • 世界教会信条とルーテル教会が一般に認めている信条を受け入れている。
  • 万人祭司
  • 恵みの賜物の強調
  • 信徒主義と平易な礼拝形式をモットーにしている。
  • 教会政治は長老制を採用している。

沿革[編集]

  • 1949年6月 ノルウェー・ルーテル伝道会のG・エイクリー夫妻が最初の宣教師として来日した。彼らは、賀川豊彦の協力により兵庫県明石市で伝道を開始した。中国の共産革命で、伝道会は日本伝道を正式に決定して、中国から引き上げた宣教師が来日した。
  • 1962年3月 元ノルウェー・ルーテル伝道会のもとにあった8教会によって結成された。

主な牧師[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]