ポール・ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポール・ラッシュ(Paul Rusch 1897年 - 1979年12月12日)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州出身[1]牧師親日家として知られ、日本に多くの業績を残し記念も多く残っている。

生涯[編集]

インディアナ州フェアマウントで生まれ、ケンタッキー州ルイビルで育った[2]。1923年の関東大震災後の日本のキリスト教青年会拠点を立て直すために1925年に来日[1][2][3]ルドルフ・トイスラーを助け、聖路加国際病院の建設資金の募金活動も行った[1]。また山間高冷地で米作に適さなかった清里高原山梨県北杜市)での酪農西洋野菜の栽培促進による開拓支援を行った[1]。また、立教大学の教授として経済学英語の教育をおこなうとともに、アメリカンフットボールの日本での普及に尽力した(詳細は後述)。

1941年の太平洋戦争開戦後もラッシュは日本への残留を希望したが、「敵国人」という立場から認められず、一旦敵性外国人抑留施設「スミレキャンプ」に収容された後、日米交換船に乗って帰国する[4]。帰国後のラッシュは、滞日体験を買われてアメリカ陸軍情報部(MIS)の語学学校人事課長に就任、日系二世軍人への日本語教育などを担当した[4]。戦争終結後の1945年9月10日に再来日してGHQの参謀第2部(G2)配下にあった民間情報局(CIS)に配属され[4][5]、1949年7月に退役するまで日本人戦犯リストの作成や赤狩りに関係した情報収集活動に携わった(詳細は後述)。陸軍在職時の階級は中佐

1979年、聖路加国際病院にて82歳で逝去、亡くなる直前にはカンタベリー大主教の見舞いも受けた[1]。遺骨は現在、清里聖アンデレ教会納骨堂に安置されている。

日本でのアメリカンフットボールの普及[編集]

立教大学在職中の1934年に東京学生アメリカンフットボール連盟を設立した[3]

太平洋戦争中はアメリカンフットボールも敵性スポーツと判断されて中断されたが、戦後の再来日後、1948年に行われた第1回ライスボウルでは始球式のキックを行った[3]

1961年には日本アメリカンフットボール協会から「日本フットボールの父」と称号をもらった[2]。この業績を記念して1984年からライスボウルの最優秀選手にはポールラッシュ杯が贈られるようになった[3]

ポールラッシュ杯歴代受賞者[6][編集]

回    年月日     受賞者        チーム名
37      1984/01/03      梅津泰久     京都大学ギャングスターズ
38      1985/01/03      松岡秀樹     日本大学フェニックス
39      1986/01/03      松岡秀樹     レナウンローバーズ
40      1987/01/03      東海辰弥     京都大学ギャングスターズ
41      1988/01/03      東海辰弥     京都大学ギャングスターズ
42      1989/01/03      鈴木実      日本大学フェニックス
43      1990/01/03      山口敏彦     日本大学フェニックス
44      1991/01/03      須永恭通     日本大学フェニックス
45      1992/01/03      山口一利     オンワードオークス
46      1993/01/03      野村貴      アサヒビールシルバースター
47      1994/01/03      野村貴      アサヒビールシルバースター
48      1995/01/03      粳田盛      松下電工インパルス
49      1996/01/03      阿部拓朗     京都大学ギャングスターズ
50      1997/01/03      中野康隆     リクルートシーガルズ
51      1998/01/03      小川潤      鹿島ディアーズ
52      1999/01/03      堀江信貴     リクルートシーガルズ
53      2000/01/03      中村友      アサヒビールシルバースター
54      2001/01/03      中村多聞     アサヒ飲料チャレンジャーズ
55      2002/01/03      尾崎陽介     関西学院大学ファイターズ
56      2003/01/03      八木康太     立命館大学パンサーズ
57      2004/01/03      高田鉄男     立命館大学パンサーズ
58      2005/01/03      野村昌弘     松下電工インパルス
59      2006/01/03      古谷拓也     オービックシーガルズ
60      2007/01/03      小島崇嘉     オンワードスカイラークス
61      2008/01/03      高田鉄男     松下電工インパルス
62      2009/01/03      松田大司     立命館大学パンサーズ
63      2010/01/03      牧内崇志     鹿島ディアーズ
64      2011/01/03      菅原俊      オービックシーガルズ
65      2012/01/03      菅原俊      オービックシーガルズ
66      2013/01/03      菅原俊      オービックシーガルズ
67      2014/01/03      原卓門      オービックシーガルズ
68      2015/01/03      ジーノ・ゴードン 富士通フロンティアーズ
69      2016/01/03      横田惇      パナソニック インパルス

立教大学のチーム名“ラッシャーズ”はポール・ラッシュにちなんで名付けられた(立教大学の別名であるセント・ポールと合わせるとセント・ポール・ラッシャーズとなる)。

GHQでの活動[編集]

前記の通り、太平洋戦争後の1945年から1949年まで、GHQ・G2の民間情報局(CIS)に所属した。春名幹男の著書によれば、民間情報局で文書の編集課長をしていた[7]。G2に残された石井ファイル(731部隊隊長だった石井四郎元中将の取調及び免罪工作に関与する文書)には、ラッシュの名前が記された文書が多数残されている。そのことから、春名はラッシュが免罪工作に関わっていたと考えている[7]。このほか春名は、ラッシュが有末精三らを通じて、公職追放者の個人資料収集、戦犯訴追資料として原田熊雄日記(『西園寺公と政局』)の発掘と翻訳(里見弴吉野源三郎が担当)、吉田茂白洲次郎松本重治片山哲森戸辰男福島慎太郎らとの人脈形成などをおこなったとしている[7][8]

ラッシュは外交官の沢田廉三美喜夫妻が麹町に所有していた邸宅を接収し、ここをCISの拠点「CISハウス」として使用した[8]。CISハウスには戦犯訴追に関する個人情報が集められ、戦犯リストが作成された[8]。ラッシュには寺崎英成をはじめ政府関係者が接触し、「戦犯を作り出すより、頼まれてもみ消す方が多かった」とされる[9]

また、1946年1月以降は「日本共産党に関する情報収集」に当たったとされる[9]加藤哲郎によると、ラッシュは上司に当たるチャールズ・ウィロビーとともに、中国革命に好意を示すジャーナリストを告発する赤狩りの一環としてアグネス・スメドレーを標的としたゾルゲ事件の調査に携わった[10]。1947年8月にCISが作成した報告書について、加藤哲郎はラッシュが作成を指揮したのではないかと推定している[11]。さらに、1949年にはスメドレーに関する情報収集の一環として、戦前に上海リヒャルト・ゾルゲと関わりのあった川合貞吉を情報源として尋問した[12]。このあとG2は川合に情報源としての報酬を与え、日本の警察とも連携して保護警備し、G2と日本警察は川合が個人的動機で共産党の内情と伊藤律を誣告した内容をも「活用」することとなった[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]