マーガリット・バーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マーガリット・エミー・バーネット(Marguerite Amy Burnet、1878年11月24日-1951年7月2日)は、日本で活躍したイギリス人の宣教師

生涯[編集]

  • 1878年 イギリスノリッチ市で英国教会牧師の一人娘として生まれた。
  • 1891年 母が死去
  • 1904年 献身を決意して、宣教師としてインド中国へ行くことを祈る。
  • 1908年 日本伝道隊に関心を持つ。
  • 1909年 ケズィック・コンベンションに出席して、日本でのバゼット・ウィルクスの働きを聞き。ロンドンで行われた日本伝道隊の集会に出席し始めた。
  • 1917年 父が死去する(84歳)、その年末に日本伝道隊の宣教師として日本に向けて旅立ち、横浜に着いた。有馬聖会に出席して、鉱山宣教団の宣教師のアピールに答えて立ち上がった。
  • 1920年 舟喜麟一と共に足尾町で伝道活動を始める。大間々町境町に伝道を拡大して行った。
  • 1923年 舟喜麟一と共に、セントラル・ジャパン・パイオニア・ミッション(Central Japan Pioneer Mission)を設立した。栃木県群馬県埼玉県への伝道のビジョンを持った。イギリスに一時帰国する。
  • 1927年 前橋に移り伝道を開始する。戦争中は戦時中敵性国民として軟禁されていた。
  • 1950年 福音伝道教団理事長に就任する。
  • 1951年 安藤喜市に前橋聖書学寮の神学生を託して、日本で死去。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク [編集]