聖歌 (日本福音連盟)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖歌』(せいか)は、車田秋次が会長だった日本福音連盟によって1958年に発行された讃美歌集。中田羽後らが聖歌編集委員会の代表で編集をした。現在は教文館が版権をもっており、絶版になっている。日本最初の音楽伝道者三谷種吉の讃美歌集「福音唱歌」(1898年歌詞判、1900年中田重治発行、教文館1901年バークレー・バックストン発行)からほとんどの讃美歌が採用されているが、中田羽後の手が入っている[1]

特色[編集]

  • 第三部の「霊の歌」では、四重の福音のテーマで選曲されており、ホーリネス神学の影響が見られる。裏扉の聖書箇所は新生聖化神癒再臨の聖句である。

内容[編集]

  • 第1部 詩篇
  • 第2部 讃美
    • 礼拝(85番-111番)
    • 神(112番-118番)
    • イエス・キリスト(119番-188番)
    • 聖霊(189番-193番)
    • 聖書(194番-198番)
    • 教会(199番-221番)
    • 信徒の生活(222番-361番)
    • 来世(362番-365番)
    • レスポンス(366番-390番)
  • 第3部(霊の歌)
    • 救い(391番-476番)
    • きよめ(541番-561番)
    • いやし(616番-619番)
    • 再臨(620番-648番)
    • 子供(649番-688番)
    • 合唱(689番-700番)
  • 第4部
    • 補遺(701番-734番)

主な収録曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『三谷種吉:日本で最初の音楽伝道者:ただ信ぜよ』榊原正人、三谷幸子、いのちのことば社

関連項目[編集]