基督兄弟団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
基督兄弟団[1]
団体種類 包括宗教法人[1]
所在地 東京都豊島区千早2-1-3[1]
法人番号 6013305000146
主要人物 澤啓一(理事長)[1]
収入 不明
支出 不明
ボランティア人数 不明
従業員数 不明
ウェブサイト http://kyodaidan.net/
テンプレートを表示

基督兄弟団(きりすときょうだいだん)は、澤啓一が代表を務める日本の宗教法人である。[1] メノナイト系の「日本キリスト兄弟団(けいていだん)」とは別団体だという。

プロテスタントホーリネス系福音派ホーリネス運動の流れを汲み、きよめ派の団体だという。日本福音同盟に加盟しているとのこと。

沿革[編集]

  • 1946年2月 山元耕一と彼の兄弟が、「主にある兄弟姉妹として、仲の良い教会を作ろう」と、基督兄弟団という名で新しいキリスト教団を設立し、様々な神学的立場にあった牧師たちに呼びかけ、それに応えて集まった者によってこの教団がスタートした。しかし、第2回目の教団総会(年会)の折、戦前のきよめ教会(日本基督教団第9部)の田中敬止森五郎谷中広美など、主に中田重治の指導を受けた牧師らが中心となり、この教団を旧きよめ教会の延長線上にあると位置づけたため、山元耕一及び他の神学的立場にある牧師たちがこの教団を去ることとなった。それ以来、基督兄弟団はきよめ派の団体として活動を続けている。
  • 1946年11月 茨城県羽鳥基督兄弟団聖書学院が開校する。
  • 1958年 森五郎を指導者とした26教会が基督聖協団として分離する。

特徴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]