笹尾鉄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「笹尾鐡三郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
ささお てつさぶろう
笹尾 鐵三郎
Tetsusaburo Sasao.gif
生誕 (1868-09-30) 1868年9月30日
日本の旗 日本伊勢安濃郡古河村(現・三重県津市
死没 (1914-12-30) 1914年12月30日(46歳没)
日本の旗 日本東京府柏木
墓地 東京都豊島区雑司が谷
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾パシフィック商科大学
職業 牧師伝道者神学校教師説教家
配偶者 森山秀子
子供 笹尾美和(養女、9歳で夭折)
父:伊藤篤之助、母:伊藤そう

笹尾 鉄三郎(ささお てつさぶろう、慶応4年8月15日1868年9月30日) - 大正3年(1914年12月30日)は日本のキリスト教大衆伝道者牧師神学校教師、宗教家、讃美歌作家。

淀橋教会初代牧師、聖書学校(柏木聖書学院)初代院長。

生涯[編集]

幼少期[編集]

1868年8月15日 伊勢安濃郡古河村(後の新町、現在の三重県津市)に、代々庄屋の家柄である父・藤堂藩の郡奉行伊藤篤之助、母・そうの5人兄弟の末子(三男)として誕生。

幼少期に父を亡くす。兄、七左衛門が後見人になる。その土地に中学校がなかったので伊藤家が土地を寄付して、鉄三郎のために中学を創設する。中学時代には肺炎を患い生死をさまよう。

1886年(明治19年)に津中学を卒業後する。中学卒業後には海軍兵学校を目指すが、身体検査で不合格になる。

その後、貿易商になることを目指して上京し、慶應義塾に入学。理材科に入り実業家になるために経営学を学ぶ。成績優秀で、当時の塾長福澤諭吉に才能を見込まれ後継者を頼まれるが、振り切って渡米する。

アメリカ時代[編集]

1888年(明治21年)5月 渡米して、ダージ牧師の家にハウス・ボーイとして下宿した。後に、カリフォルニア州サンノゼパシフィック商科大学に入学する。ダージ夫人はかつて日本宣教を志していた。日本人の鉄三郎の救いのために祈り続けて、1888年12月30日についにダージ婦人の導きによって回心、キリスト教に入信する。

1890年(明治23年)にメリマン・ハリスから洗礼を受ける。サンフランシスコリバイバルが起きる。アメリカ留学中に徴兵逃れのために、母親が笹尾家と養子縁組を結ばせる。伊藤姓から笹尾姓になる。

1891年(明治24年) 大学を中退して、サンフランシスコの日本人教会牧師河辺貞吉の下で伝道師、日曜学校校長として働く。後にシアトルで伝道をする。

1894年(明治27年)3月 河辺貞吉と共に帰国して6人で東京本郷町で「ちいさき群」の伝道を始める。

松江時代[編集]

1896年(明治29年) 島根県松江市に秋山由五郎、御牧碩太郎、土肥修平と共に行き、奥谷の一部屋を借りて、バックストンの住む赤山に通い、修養を受ける。笹尾はバックストンの講義を筆記して後にそれが「赤山講話」として出版される。それ以来、バックストンとは生涯の盟友だった。

1897年(明治30年)松江の近くの広瀬出身の森山秀子と結婚する。バックストンの帰国後、1898年(明治31年) 上京して、東京四谷信濃町に住み、自給伝道を行う。

淡路島時代[編集]

1899年(明治32年)河辺貞吉を助けるために淡路島に行き、中田重治に招かれて上京するまで、2年間滞在する。その時、15歳の高田松太朗に出会う。後に、高田は聖書学院に入学する。

ホーリネス時代[編集]

聖書学校の講師陣笹尾は後列左

1901年(明治34年)7月 神田神保町中央福音伝道館に入り、中田重治らと共に聖書学校の修養生教育と伝道をする。焔の舌創世記講義を連載する。1904年 淀橋柏木の聖書学院(後の淀橋教会)に移る。(近所に、内村鑑三の自宅があった。) 1905年(明治38年)笹尾は 肋膜炎を患う。中田重治らが設立した東洋宣教会の幹部になり、聖書学院長に就任する。1908年(明治41年) 養女に鈴鹿美和を迎える。1909年東洋宣教会が役員制度を設け笹尾が副総理に任命される。

1910年(明治43年)6月 アズベリー大学総長モリソン博士の通訳として日本全国を回る。その後モリソン博士の招待で渡米。イギリスから渡米したバックストンと共に全米を巡回伝道し、渡英し、バックストン家に滞在した。これを、「お伴旅行」と言った。シベリア鉄道を通って帰国した。帰国途中にG・G・フィンドレーのヨハネ書簡講解を熟読した。

8月22日敦賀に着いた。帰国後兵庫県有馬温泉の関西心霊的修養会で鬼気迫る説教をする。9月12日夜に聖書学院講堂で歓迎会を受けた。

1911年(明治44年)に日本ホーリネス教会で中田監督と宣教師らの分裂事件(聖教団事件)の時には両者の調停に尽力した。その際に、ホーリネス教会の中心的教会である淀橋教会の初代牧師に就任する。

内村鑑三の娘ルツ子

1912年(明治45年)内村鑑三の娘ルツ子が病に罹ったときに、内村の強い信頼によって笹尾に信仰の指導を頼む。そして、ルツ子は病死する。

晩年[編集]

1913年(大正2年) 聖書学院長と淀橋教会牧師を辞任して、ホーリネス運動から身を引いて、独立自給伝道を開始する。全国を巡回伝道した。集会の看板には「キリスト教巡回伝道者」と書くように厳しく依頼した。秋山由五郎が笹尾の巡回伝道に同行して助けた。

1914年(明治3年)7月笹尾の導きによって母そうが回心する。11月に巡回先の鹿児島で病に倒れて、秋山由五郎に伴われて帰京する。昏睡状態の中でしばしば「リバイバルを」とつぶやいた。笹尾の病の癒しのために全国断食祈祷が全国に広がるが、12月30日柏木の自宅で46歳で死去する。

年が明けて1915年(大正4年)1月に柏木聖書学院で葬儀が行われる。恩師バックストンは巡回中の朝鮮急遽より駆けつけ、葬儀の説教を担当する。遺体は東京都豊島区の雑司が谷に夫人と共に葬られている。

笹尾に洗礼を授けたアメリカ・メソジスト監督教会の宣教師M・C・ハリス

没後[編集]

笹尾の養女の美和は1917年(大正6年)に死去した。

笹尾の妻秀は、宮村伊三郎と共に赤坂福音教会で夫人伝道師を勤め、バーナム・ブレイスワェイト宣教師の活動に協力する。[1]1938年(昭和13年)に死去する。

今日でも、命日の12月30日に毎年淀橋教会で笹尾鉄三郎をしのんで笹尾会が持たれる。

人物像[編集]

  • 慶應義塾時代に福澤諭吉から後継者になることを期待される。
  • 河辺貞吉とは生涯を通じての友人である。お互いのために祈り合っていた。
  • 恩師バークレー・バックストンとは生涯を通じて無二の友人だった。
  • 笹尾はバークレー・バックストンの紹介で中田重治と知り合っていた。
  • 田中正造栃木県宇都宮の教会で開かれた集会で、笹尾の説教を聞いてキリスト教に影響を受けた。
  • 讃美歌作詞者としても有名である。主な作品に「きょうまで守られ」(聖歌292番)がある。
  • 臨終の言葉は「リバイバル、リバイバル、リバイバル」だった。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』26頁

参考文献[編集]

  • 山口幸子『ホーリネスの流れ』ホーリネス教団出版局
  • 米田勇『中田重治傳』
  • 荒木寛二『笹尾鉄三郎(少年少女信仰偉人伝)』

関連項目[編集]

初代:
淀橋教会
牧師1911年 -1913年
次代:
車田秋次
初代聖書学校初代校長から継続して
柏木聖書学院
院長1904年-1913年
次代
アーネスト・キルボルン