木村清松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

木村 清松(きむら せいまつ、1874年4月7日 - 1958年1月14日)は、日本の巡回伝道者、牧師ナイアガラの滝を「自分のお父さんのものだ」と言ったことで話題になった。「キリストに虜われし清松」と呼ばれていた。伝記を書いた岩村清四郎は実弟

生涯[編集]

中田重治、内村鑑三、木村清松、再臨運動を始めた頃、1918頃

1874年、新潟県五泉町(現:五泉市)に地酒の醸造業者の家に生まれる。1889年、村松高等小学校を卒業する。1890年北越学館に入学する。1891年1月11日に堀貞一により日本基督教会新潟第一基督教会(現・日本基督教団新潟教会)で洗礼を受ける。1892年仙台東亜学院に入学する。

1894年6月に渡米する。1895年アメリカ救世軍に入隊して、士官学校に入隊するが、神学上の問題で8ヶ月で辞める。メソジストのジャパニーズ・ミッションという寄宿舎に入舎して、アンフレス夫人に英語個人教師をしてもらう。同じ、教師に森永太一郎松岡洋右が師事していた。1896年M・C・ハリスの紹介で、太平洋大学に入学する。1899年ムーディー聖書学院に入学する。1901年按手礼を受ける。

1902年3月に帰国して、9月に結婚する。1905年満州で伝道し、その後世界一周して帰国する。1914年、千人伝道のために渡米する。1916年に郷里に五泉教会を設立する。1918年中田重治内村鑑三らと一緒に、再臨運動を始める。

1924年より日本基督組合教会天満教会の牧師になり、1937年まで務める。1930年、妻の亀井が死去するが、翌年9月に再婚する。1958年1月14日死去。多磨霊園に埋葬される。

逸話[編集]

1908年アメリカバファロー市の教会で説教に招かれた後、ナイアガラ瀑布を見物に言ったとき、米国人からが「こんな大きな滝は日本にはないでしょう」といわれたのに対して、「ナイアガラの滝は、俺のお父っさんが創ったのだ。」と語った。帰りに電車の停留所でも同じ内容で伝道したことが、デトロイトの新聞に載り、「この日本人はナイヤガラのの持ち主である」と誇大に書かれた。そのことで有名になり、「ナイヤガラの持ち主の息子」の講演会をアメリカ各地で行った。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『木村清松(少年少女信仰偉人伝)』教会新報社、1983年、212-214ページ

作詞[編集]

参考文献[編集]

  • 岩村清四郎『基督に虜われし清松』1934年
  • 河井清治『木村清松(少年少女信仰偉人伝)』教会新報社、1983年
  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年