小林和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 和夫(こばやし かずお、1933年 - )は、日本の牧師神学校教師。東京聖書学院名誉院長。

東京聖書学院院長兼教授、東京聖書学院教会牧師、アジア神学大学院日本校、牧会学博士課程主任教授。

経歴[編集]

山梨県都留市生まれ。1952年、東京聖書学院に入学する。同期に村上宣道がいる。卒業後、東京聖書学院の教師になる。

1959年、アメリカに留学する。1961年、アズサ大学を卒業する。1964年、三一国際大学大学院を卒業して神学修士号を取得する。北部神科大学院大学にて専門神学修士を取得し、アズサ太平洋大学よりドクター・オブ・ローズを受ける。

1965年7月、車田秋次が病に倒れたことを聞いて、村上宣道の勧めで帰国をする。帰国後、東京聖書学院で教鞭を取り、東京聖書学院教会を開拓伝道する。1976年より、東京聖書学院院長に就任。2003年、東京聖書学院院長を退任。名誉院長になる。

著書[編集]

  • 新聖書注解・旧約3』「詩篇」(いのちのことば社
  • 『キリスト教の確かさ』(ホーリネス教団
  • 『福音の輝き』(ホーリネス教団)
  • 『満ち足れる祝福』(ホーリネス教団)
  • 『栄光の富 キリスト教教理説教Ⅰ〜Ⅳ』(ホーリネス教団)
  • 『論集「聖化論の研究」』(ホーリネス教団)
  • 『詩篇随想』(ヨベル)
  • 小林和夫著作集全10巻刊行予定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
車田秋次
東京聖書学院院長
第2代:1976年 - 2003年
次代:
石原潔