大江寛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおえ ひろと
大江 寛人
生誕 1933年(昭和8年)
日本の旗 日本広島県広島市
出身校 広島大学
職業 牧師宣教師
家族 父:大江捨一、母:大江陸奥(中田重治長女)

大江寛人(おおえ ひろと、1933年 - )は、日本牧師宣教師広島県生まれ。

祖父は大江邦治中田重治

生涯[編集]

初期[編集]

1933年(昭和8年)に父大江捨一(大江邦治の長男)と母陸奥(中田重治の長女)の間の一人息子として生まれる。

裁判所職員時代[編集]

1955年(昭和30年) に広島大学教育学部卒業すると同時に、広島家庭裁判所調査官補に就職する。

1959年(昭和34年)、大阪家庭裁判所調査官になる。1961年1月、裁判所の調査官をしながら、今治アライアンス教会の大泉勇牧師に協力して、大阪で開拓伝道を始める。同時に、丸山のフリーメソジスト神学校の夜学部で学ぶ[1]。翌年、大阪家庭裁判所調査官を退職する。

宣教師時代[編集]

1964年(昭和39年)に、日本アライアンス聖書学校卒業し、宣教師としてサンパウロに赴任する。1966年(昭和41年)、サンベルナルド市ルージラモスで7人から開拓伝道を始める。1971年(昭和46年)に日本に帰国する。

牧師時代[編集]

1973年(昭和48年)、父捨治が牧師をする広島アライアンス教会牧師に就任し、1975年(昭和50年)には 児童伝道同志会メンバーとなる。1981年(昭和56年)、大分県で九州教会教育研究会を主催する。

脚注[編集]

  1. ^ 『父よ彼らをお赦し下さい』p.76

著書[編集]

  • 『父よ彼らをお赦しください: 十字架上の七つのことば』いのちのことば社 1986年
  • 『教会学校のお話レッスン』いのちのことば社
  • 『百万人の説教レッスン』いのちのことば社

外部リンク[編集]