日本イエス・キリスト教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本イエス・キリスト教団(にほんイエス・キリストきょうだん)は、兵庫県神戸市兵庫区に事務所を置くプロテスタント福音派キリスト教団。ホーリネス運動の流れを組み、日本福音同盟に加盟している。

聖公会宣教師で「松江バンド」の中心人物であったバークレー・バックストン日本伝道隊を組織。その伝道組織として「日本イエス・キリスト教会」を設立、その後別個の教団として独立。

歴史[編集]

  • 1935年(昭和10年) 日本イエス・キリスト教会設立(佐藤邦之助が初代総理)
  • 1940年(昭和15年) 日本伝道基督教団と合同
  • 1941年(昭和16年) 日本基督教団と合同(第七部として加入していた。)
  • 1946年(昭和21年) 日本基督教団の中で日本伝道会を結成した。(小島伊助が委員長)
  • 1951年(昭和26年) 7月日本伝道会に加入する21の教会が神戸の塩屋[要曖昧さ回避]の聖書学校で日本イエス・キリスト教団を設立。(小島伊助が初代委員長)、日本伝道隊と協力しつつ、日本全国に伝道を展開した。
  • 1958年(昭和33年) 塩屋の聖書学舎が関西聖書神学校と改名する。同年、道城重太郎が第2代目委員長に就任する。

所在地[編集]

  • 兵庫県神戸市兵庫区塚本通3-3-19

特色[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]