藤本満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤本 満(ふじもと みつる、1957年1月18日 - )は、イムマヌエル綜合伝道団所属の牧師。ウェスレーの研究家としても知られる。イムマヌエル綜合伝道団代表。

経歴[編集]

1957年京都で牧師藤本栄造と幸子の間に生まれる。桐朋高等学校を経て、一橋大学卒業後、1979年より留学。アズベリー神学校を経て、1986年ドリュー大学ジョン・ウェスレーの研究において哲学博士号を取得。

神奈川県川崎市の高津教会で圭子夫人と共に牧会伝道を行うかたわら、青山学院大学東京基督教大学などで教鞭をとる。

2012年よりイムマヌエル綜合伝道団代表、

著書[編集]

  • 『ウェスレーの神学』(福音文書刊行会、1990年10月10日発行) [1]
  • 『エリヤとエリシャ』(いのちのことば社、1999年3月15日発行) [2]
  • 『ガラテヤ人への手紙』(インマヌエル綜合伝道団出版事業部、2002年4月15日発行)
  • 『祈る人びと』(いのちのことば社、2005年2月8日発行)
  • 『わたしの使徒信条』(いのちのことば社、2012年11月25日発行)
  • 『乱急流を飛ぶ――旧約聖書ダニエルから』(アマゾンkindle版、2013年1月10日発行) 

訳書[編集]

  • 『ウェスレー説教53』上中下、共訳・各説教に解説付き、(インマヌエル綜合伝道団出版事業部)
  • キリスト者の完全ジョン・ウェスレー(インマヌエル綜合伝道団出版事業部)
  • 『イエス・キリストの受難』 ジョン・ハイパー (いのちのことば社) [3]
  • 『はじめてのウェスレー』W.J.エイブラハム(教文館、2013年6月23日発行)

外部リンク[編集]