松木祐三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松木 祐三(まつき ゆうぞう、1935年 - 2002年2月13日)は日本の牧師日本ホーリネス教団の牧師と東京聖書学院の教授を務めた。

経歴[編集]

1935年(昭和10年)愛媛県母親が熱心な日本ホーリネス教会の会員で父親は教師をしていた。父親は後に教育に行き詰まり教会に行くようになる。東京聖書学院卒業後、渡米しゴールデンゲイト神学校を卒業する。

帰国後、日本ホーリネス教団の教職として、八王子教会牧師、東京聖書学院教授、日本福音同盟の神学神学委員長を務める。2002年(平成25年)現職のまま急逝。

著書[編集]

  • 新聖書注解』「ペテロの手紙第一」いのちのことば社、1972年
  • 『ローマ人への手紙』
  • 『コリント人への手紙第一』
  • 『聖書日課 みことばに聴く』一粒社、1989年
  • 共著『地に住み、誠実を』いのちのことば社、1996年
先代:
村上宣道
日本ホーリネス教団委員長
第6代
次代:
[[]]