福音伝道教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福音伝道教団[1]
団体種類 包括宗教法人[1]
所在地 埼玉県羽生市上岩瀬392-3[1]
法人番号 2030005005469
主要人物 黒田明(運営委員長)[1]
収入 不明
支出 不明
ボランティア人数 不明
従業員数 不明
ウェブサイト 不明
テンプレートを表示

福音伝道教団(ふくいんでんどうきょうだん)は、黒田明が代表を務める日本の宗教法人である。[1]

プロテスタント系の団体とのこと。

沿革[編集]

  • 1919年 マーガレット・エミー・バーネット宣教師が栃木県日光市(旧足尾町)で伝道を開始する。 
  • 1920年 舟喜麟一が足尾基督教会の牧師として赴任する。  
  • 1923年 バーネット宣教師が日本伝道隊を辞任して、セントラル・ジャパン・パイオニア・ミッションを設立する。舟喜麟一が日本伝道隊を辞任して、同団体の日本伝道地理事長に就任する。
  • 1925年 セントラル・ジャパン・パイオニア・ミッション(中央日本開拓伝道団)が群馬県埼玉県栃木県に伝道を開始した。 
  • 1927年 福音伝道教会を組織した。舟喜麟一が年会議長および理事長に就任した。D.パー宣教師が来日する。舟喜麟一とバーネットが前橋を拠点に伝道を開始する。
  • 1935年 新潟県三条市加茂市燕市小千谷市で伝道が開始さけた。
  • 1941年 日本基督教団の成立に伴い、第十部として加入した。
  • 1947年 日本基督教団を離脱し、舟喜麟一、小林誠一らが中心になって福音伝道教会を再建した。
  • 1950年 カナダからの旧日本伝道ミッション(JEM)が戦前の福音伝道教団の新潟県における働きを引き継いだため福音伝道教会の同県における教会が離脱する。
  • 1951年 福音伝道教団と改称する。
  • 1953年 中心的な教会である前橋キリスト教会と指導者舟喜麟一が離脱する。
  • 1963年 倍増運動が提唱される。
  • 1951年 宗教法人を取得し、福音伝道教団を称した。
  • 1953年10月27日 文部省管轄の包括法人として認証を受けた。

特色[編集]

牧師[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c d e 宗教年鑑平成28年版, p. 121.