小原鈴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小原鈴子
生誕 1891年12月30日
東京府東京市赤坂区氷川町
死没 1976年4月12日
東京都新宿区
出身校 柏木聖書学院
職業 牧師
配偶者 小原十三司

小原 鈴子(おばら すずこ、1891年12月30日 - 1976年4月12日)はプロテスタントの牧師。淀橋教会第4代牧師小原十三司の妻。文筆家としてのペンネームは「クララ」。[1]

生涯[編集]

著書[編集]

  • (クララ名義)『かくれし力』、日本基督教団出版部、1953年
  • 『泉あるところ』

脚注[編集]

  1. ^ 山崎鷲夫「小原十三司」『日本キリスト教歴史大事典』p.266

外部リンク[編集]