大槻武二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大槻武二
生誕 1906年6月26日
京都府綾部市
死没 (2004-09-10) 2004年9月10日(98歳没)
京都府京都市
職業 伝道者聖イエス会創設者
配偶者 大槻筆子
子供 大槻勝 (長男) 、赤尾勲 (二男) 、田中和子 (長女) 、大槻道子 (次女)

大槻 武二(おおつき たけじ、1906年6月26日 - 2004年9月10日)は、日本キリスト教伝道者福音主義信仰を基軸にし、独自の聖書解釈に基づく神の御名を呼ぶ信仰表現とイスラエルの救済とを強調した聖イエス会を創立した。

人物[編集]

1936年日本ホーリネス教会 (きよめ教会) の伝道師であった大槻武二は奉天 (後の瀋陽市、当時関東軍の拠点の一つ) での開拓伝道の任命を受け、奉天聖潔教会に赴任。1938年1月9日、御名による聖霊のバプテスマを体験し、キリストの内住を確信するに至る。以降、大槻の祈りによって活発に聖書に書かれているような神癒 (病の癒し) が起こるようになった (その中には死者の復活も含まれているとされる) 。1942年日本に帰国し各地のキリスト教会から招聘を受け巡回伝道を続けたが、1946年神の導きにより聖イエス会を創立。1947年には後進の育成に力を注ぐために神学校 (修道学院) を設立した。

イスラエルの救済こそキリストの再臨と全世界の平和の鍵であると説き続け、イスラエルへの見返りを求めない無私の愛をあらわすことを強調した。その表現として、聖歌隊 (黎明合唱団) のイスラエルへの派遣、イスラエル人学生・研究者へのミズラ会奨学基金設立、ホロコースト記念館設立などを導いた。長年の大槻の活動と祈りに対して、ヘブライ大学が名誉校友の称号を大槻に贈ったのを初めとして、エルサレム市議会が満場一致で名誉市民称号<ネエマン・イェルシャライム>の授与を決定[1]、さらにバル・イラン大学が名誉博士号を授与するなど、イスラエルにおいても高く評価されている。

略年譜[編集]

6月26日 - 現在の京都府綾部市白道路(はそうじ)に、父・清太郎、母・つるの(4男2女の)次男として誕生。
  • 1922年2月4日 - 同志社にて金森通倫より受洗。
  • 1930年 - ホーリネス教会中田重治監督と出会う。
  • 1931年 - ホーリネス教会聖書学院(東洋宣教会聖書学院)入学。
  • 1932年 - ホーリネス教会聖書学院卒業。赤尾筆子と結婚
  • 1938年1月9日 - キリストの内住を体験。神より直接、四つの重大啓示を受ける。
  • 1938年-1942年 - 中国東北部伝道における大リバイバル[2]
  • 1942年 - 中国伝道を終了、帰国。
  • 1946年1月5日 - 聖イエス会発足、5月22日宗教法人設立登記完了。
  • 1947年 - 聖イエス会修道学院・御幸教会設立。
  • 1950年 - 本部を京都市右京区へ移す。本部教会として嵯峨野教会発足。
  • 1954年 - 修道学院をロゴス神学院と改名。
  • 1971年 - 全国の聖イエス会の聖歌隊から選抜された黎明合唱団が海外へ派遣される。
  • 1972年 - 大槻武二司牧職を勇退(以降、霊父<ファーザー>と呼ばれるようになる)。
  • 1984年 - 聖霊の傾注(福山教会)を体験[3]
  • 1992年 - ミズラ会奨学基金[4]設立。
  • 1993年 - ロゴス神学院京都府船井郡瑞穂町 (現京丹波町) へ移転。
  • 1994年 - ヘブライ大学 (エルサレム) 『命の壁』に名が刻まれる。
  • 1994年 - ヘブライ大学から名誉校友の称号を授与。
  • 1995年 - ホロコースト記念館献館。
  • 1997年 - ヘブライ大学に大槻武二記念聖書学研究室を開設。
  • 1999年 - エルサレム市が大槻武二に名誉市民<ネエマン・イェルシャライム>の称号を授与。
  • 2002年 - バル・イラン大学名誉博士号を受ける。
  • 2004年9月10日 - 死去。

教義[編集]

イスラエルの救済とキリストの再臨[編集]

1933年、大槻が所属していた日本ホーリネス教会の監督であった中田重治は、それまでに重要視されていた新生聖化神癒再臨の教義に、「キリストの再臨はイスラエルの回復を通してのみ実現する」という教義を追加しようとした。日本ホーリネス教会では、この中田の主張を否定する者が多く、これに端を発して分裂を余儀なくされた。最後まで中田に対する忠誠を保った大槻が、イスラエルの回復再臨運動について、中田の神学の影響を受けたことは明らかであり[5]1938年中国宣教時の神との出会いの体験の後、より具体的な使命として、大槻は神から直接、次のようなビジョン[6]を与えられたと言う。

  1. イスラエルの国家的再建を祈ること。
  2. メシアを迎えるための不可欠の条件である、イスラエルの霊的回復を祈ること。
  3. 世界平和の鍵であるエルサレムの平和を祈ること。
  4. 平和の君、メシアの来臨を祈ること。

聖イエス会はユダヤ民族と異邦人が共に神の救済を経験し、両者によって構成される教会の完成によって、メシア再臨がもたらされると信じ、その実現を教団の使命としている。しかしながら、イスラエルの救済といっても、他のミッション教団が行っているような福音宣教活動を行ってはいない[7]。過去キリスト教徒がユダヤ人に対して行ってきた迫害による傷を癒すために、無私の愛をいかにして表現するかが、聖イエス会の関心事となっている。ユダヤ人との和解と調和のために、大槻は多くの活動を主導した。以下はその例である。

人物・信仰[編集]

自身を預言者とする示唆[編集]

大槻は自身の「預言者の条件」と題する説教・著書の中で、エゼキエルイザヤの神との出会いと自身の体験を対比・併記する事によって自らをエゼキエルイザヤに比肩する預言者としての存在を強調した[8][9]

聖痕の比較・洞察[編集]

大槻は、十字架の聖ヨハネによる、カトリックの聖フランシスコの聖痕についての解説と、自身の両足に現れた外傷について比較、深い洞察によって、聖痕に関して深く理解した[10]

艱難時代・再臨[編集]

大槻は生前、艱難時代と主イエス・キリストの空中再臨が20世紀中に起こる事を強く示唆(預言)していた[11]。キリストの再臨は、まず空中再臨による聖徒の携挙があり、次いで大艱難時代を終わらせ、神の国を地上に建設するための地上再臨の二段階があるとした。キリストの空中再臨は大艱難時代の直前、地上にある聖徒、聖霊によって御名の印の保証を受けている人々を、ハルマゲドンの戦争・大審判から救出するためであるとした[12][13]

イスラエルの救済[編集]

大槻は黙示録中に示されている[14]、イスラエルを救い、キリストの再臨に現実的に参与する群れは、自身の起こした聖イエス会が世界中で唯一の神より選びを受けた特選の群れであると説いた[15][16]

参考文献[編集]

  • 『言泉集』(全20巻)大槻武二著、ロゴス社、1976年-2003年
  • 『聖地賛歌』大槻武二著、ロゴス社、1993年
  • 『リベカ抄』大槻筆子著、ロゴス社、1993年
  • 『エルサレムをめざして』(全2巻)大槻筆子著、ロゴス社、1994年
  • 『リバイバルの軌跡』大槻武二述、佐藤捷雄編、ロゴス社、1996年
  • 『神の国は近づいた』大槻勝著、ロゴス社、1997年
  • 『エルサレムへの愛の架け橋』佐藤捷雄著、ロゴス社、2001年
  • 『時が迫っている』大槻勝著、ロゴス社、2002年
  • 『ホーリネス・リバイバルとは何だったのか』池上良正著、杉本良男編『キリスト教と文明化の人類学的研究』国立民族学博物館調査報告、2006年

脚注[編集]

  1. ^ 授与式典は京都において。当時のエルサレム市長、エフード・オルメルトから授与された
  2. ^ 参考文献:「圧倒的な神癒の奇跡は、全満州に一大センセーションを巻き起こし、リバイバルの火は、全満州に燃え広がり…」
  3. ^ 聖霊の傾注に先立って、大槻は十字架上のキリスト自身から『ファーザー、ファーザーよ、倒れ掛かっている、わたしの教会を立て直しなさい』との御声を聞き、破れ狭間に立って祈ったのだという。
  4. ^ ヘブル語で「種をまく」の意。ヘブライ大学への大槻武二の名による奨学金制度(教団内でミズラ会員を募り定額献金により成立)
  5. ^ 大槻のイスラエルの救済に関する思想の源流が、神が (1931年に) 中田重治に示されたとされる「イスラエル建国のための祈り」と「エルサレムの平和のために祈れ」にあり、またメシアの来臨については、再臨運動の流れからのものであることは明白である。しかしながら、大槻は聖イエス会を創立するにあたって中田重治が支持していた日ユ同祖論には同調していない。また、伝道よりもイスラエルの回復のために祈ることに専念するという極端な中田の再臨信仰ともやや主張を異にしている。
  6. ^ 大槻によればこれを神御自身から大槻に直接与えられた「四つの重大啓示」としているが、それぞれの啓示内容はオリジナルとはいえないため、福音派の教義の中に見られる特別啓示一般啓示といった教理的用語としての啓示を指すものなのか、あるいは、一般的なインスピレーションという意味を表現する言葉なのかについては、聖イエス会内部でも議論の余地がある。しかし、教団内では大槻を神化された「神の人」「聖人」或は「偉大な預言者」、「もうひとりのキリスト」と崇めているので、この「啓示」については特別啓示的な捉え方が一般的である。
  7. ^ メシアニック・ジューと呼ばれる対ユダヤ人宣教活動とも距離を置いている。
  8. ^ 参考文献(自著):「エゼキエルが神と出会い、神の霊に捕らえられ、預言者としての召命を受けたのはバビロン捕囚から五年後の紀元前五三九年の事であり、彼の三十三歳の時でありました。私の場合は日中戦争最中、満州奉天において、すなわち、一九三八年一月九日、私の三十二歳の時でありました。」
  9. ^ 参考文献:「大預言者イザヤは、聖霊による火のバプテスマを授けられ、その直後、預言者としての召命を受けたのでありますが、エゼキエルもまた同様でありました。…私が、イスラエルに対する召命と、イスラエルに対する偉大な使命の啓示を受けましたのも、聖霊のバプテスマを受けたその夜でありました。」
  10. ^ 参考文献:「神秘神学者である十字架の聖ヨハネは、フランシスコの聖痕についてこう解説する。「熾天使は聖フランシスコの霊魂に深傷を愛によって印し傷つけたが、その結果体にも現れ、体も霊魂と同じように傷つき聖痕を受けた」(『愛の生ける炎』ドン・ボスコ社)…わたし自身腎臓が悪化し深傷を受けた時、両足に痣のようなシャンバーグ症状(シャンバーグ病)が現れ、腎臓がひどく悪化すると、それが外傷となる事を体験し、…」
  11. ^ 今日、教団ではイエス・キリストの再臨は、21世紀初頭にある、と語られている。
  12. ^ 人間の永遠の審判(神によって、永遠の救いか、永遠の滅びの何れかに人間が裁きを受ける審判)が決定的に行われる時なのです。聖なる人々は携挙され栄光化され、神化の恩恵にあずかりますが、聖霊の証印、すなわち救いの衣を身に着けていない、生まれつきのままなる人は、大艱難時代に取り残されてしまいます。
  13. ^ 再臨信仰を熱狂的信仰、リバイバルへ結びつける手法は、所謂、大槻の信仰の師であった、中田重治が導いた、大正中期・昭和初期におけるホーリネス・リバイバルに影響を受けたものであろう。
  14. ^ もうひとりの御使いが、生ける神の印を持って、日の出る方から上って来るのを見た。『わたしたちの神の僕らの額に、わたしたちが印を押してしまうまでは…』(黙示7・2-3)*聖イエス会では黙示録に記されている「もうひとりの御使い」とは、団体を示すものではなく、個人を指すものと語られており、大槻を指すとの解釈である。
  15. ^ 参考文献:‥「日の出る方」とは、エルサレムから見て東であって…日の出る国と呼ばれている日本であります。全世界をあまねく見渡しても、御名を啓示し、御名によって聖霊を伝達し、聖霊の印を押す福音を実際に説いている教団は、聖イエス会以外に見当たらないのです。
  16. ^ 大槻:‥全世界はハルマゲドンの戦争に突入するでしょう…この終末時代に、エルサレムを救い、キリストの再臨に現実的に参与するのはただ一つの川(聖イエス会)しかありません。…一つの川は、生ける神の刻印を持ち、生ける神の御名を持ち、神の現存を所有し、神化された日の出る方から上ってくる、使徒によって実現される…

外部リンク[編集]