松野菊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松野 菊太郎
松野菊太郎.JPG
生誕 1868年2月16日
日本の旗 日本甲斐国下曽根村(現・山梨県甲府市下曽根町)
死没 (1952-01-25) 1952年1月25日(83歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 牧師聖書学者神学校教師

松野 菊太郎(まつの きくたろう、慶応4年1月23日1868年2月16日) - 昭和27年(1952年1月25日)は、日本の牧師。日本のホーリネス運動の草分け。

生涯[編集]

1868年(慶応4年)に甲斐国(現・山梨県甲府市下曽根町)に生まれた。1888年(明治21年)渡米する。アメリカ合衆国キリスト教に触れて、回心しキリスト教に入信する。メソジスト教会の監督M・C・ハリスから洗礼を受ける。1891年(明治24年)にカリフォルニア州サンフランシスコ笹尾鉄三郎日本人たちのリバイバルを経験する。これをきっかけに直接献身を決意する。

帰国後、米国で一緒だった笹尾らと共に「ちいさき群」を名乗り、東京で伝道を開始した。後に、小崎弘道と共に霊南坂教会の牧師になる。

後に、日本クリスチャン教会麻布教会(現・日本基督教団聖ヶ丘教会)の牧師になった。牧会と同時に、結核患者の救済や超教派の活動を行った。

1933年(昭和8年)のホーリネス分裂事件の際には間に入り調停を助け、2年後の1935年(昭和10年)11月28日に鉄道ホテルで行われた和協分離の午餐会に参加する。そこで、日本ホーリネス教会中田重治監督派と車田秋次委員会らと共に席に付く。その席上、松野は司会の星島二郎に指名されてスピーチを行う。その内容は、アブラハムが死んだ時、イサクイシュマエルが仲直りして葬式を行い。イサクが死んだ時には、エサウヤコブが仲直りして葬式をしたという創世記の出来事を引用して、「中田が死ねばきっとみんな一緒になるだろう」という皮肉交じりのないようであった[1]

戦後、キリスト教界の重鎮になり、日本キリスト教同盟幹事、教文館総主事などを務めた。

参考文献[編集]

  • 山口幸子『ホーリネスの流れ』日本ホーリネス教団出版局
  • 中村敏『日本における福音派の歴史』いのちのことば社、2000年
  • 『クリスチャン情報ブック2006』いのちのことば社、2006年

脚注[編集]

  1. ^ 米田勇『中田重治傳』499ページ