堀内文一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堀内 文一
生誕 1875年8月1日
奈良県大和郡山
死没 (1940-01-13) 1940年1月13日(64歳没)
職業 牧師巡回伝道者

堀内 文一(ほりうち ぶんいち、1875年8月1日 - 1940年1月13日)は、日本牧師伝道者日本伝道隊の指導者。奈良県大和郡山生まれ。

生涯[編集]

  • 士族堀内恒平の次男として、奈良県大和郡山に誕生する。幼い時に、恒平は死去。母親と兄嵒太郎の手で育てられる。
  • 郡山中学を中退して、兄の勤めていた大阪の紡績会社で働いていた時に、兄の勧めで教会に行く。
  • 大阪の教会で同志社の学生だった竹田俊造に出会い、信仰の指導を受ける。
  • 1895年 同志社に入学する。
バークレー・バックストン最後の来日、1937年
  • 1926年 西田晶一に洗礼を授けた。
  • 1996年 同志社在学中に松江市から来たバークレー・バックストンに出会い影響を受ける。
  • 1897年 松江市のバークレー・バックストンの元に行く。バックストンの下で修養を受ける。バックストンの講義を筆記して、それらを出版した。
  • 1902年 バックストン一行がイギリスに帰る。堀内ら五人が残り伝道をする。最後まで残ったのは堀内だけだった。
  • 1805年 河辺貞吉に招かれて大阪に行き、共に日本自由メソジスト教会(現在は、日本基督教団FM会、日本フリーメソジスト教団日本自由メソヂスト教団東京フリー・メソジスト教会の4つに分かれている)を創設する。
  • 1909年 結婚する。
  • 1913年4月 バックストンの招きでイギリスに留学する。イギリスで野畑新兵衛を救いに導く。
  • 1914年6月 帰国して日本伝道隊に加わる。
  • 神戸の湊川伝道館の主任をする。バックストンの後継者として日本伝道隊を引き継ぐ。
  • 1931年 日本伝道隊の12教会で聖書教会を結成して、その代表となる。
  • 1935年 日本イエス・キリスト教会が結成される。堀内は病気のために代表を辞退する。
  • 1937年 バックストン来日の時、病床の堀内を見舞う。
  • 1940年 五年の闘病の後召天

参考文献[編集]