日本福音教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本福音教団[1]
団体種類 包括宗教法人[1]
所在地 東京都足立区鹿浜8-18-4[1]
法人番号 7011805001308
主要人物 林道信(総会議長)[1]
収入 不明
支出 不明
ボランティア人数 不明
従業員数 不明
ウェブサイト 不明
テンプレートを表示

日本福音教団(にほんふくいんきょうだん)は、林道信が代表を務める日本の宗教法人である。[1]

プロテスタントホーリネス系の団体とのこと。

沿革[編集]

  • 1953年6月に設立された。その指導者は吉野勝栄、星野栄一らは、戦後しばらくは日本基督教団ホーリネスの群の中で活動を続けていた。
  • 1952年東京聖書神学院を設立し、多くの教職者を輩出した。
  • 1953年東京聖書神学院卒業の教職者を中心にして、ホーリネスの群れから独立して、日本福音教団を設立した。
  • 1971年日本福音教団から離脱した教会が、吉野勝栄、加藤博重らを指導者として、「日本福音教会連合」を設立した。

特徴[編集]

  • 「福音を全日本へ」をモットーに日本での宣教だけではなく、アジアにも積極的にかかわりを持っている。
  • 四重の福音の強調。特に、アガペー・ホーリネスの信仰を強調する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]