フランツ・ベルグストロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランツ・オスカー・ベルグストロム1872年10月4日 - 1941年1月10日)は、スカンジナビア・アライアンス・ミッション北欧系アメリカ人の在日宣教師である。

1893年6月26日K・E・アウレルと一緒に来日する。日本組合基督教会牧師である小崎弘道に、宣教すべき場所を尋ねると、岐阜県飛騨高山伊豆諸島離島であるといわれたので、飛騨を宣教地に選ぶ。神岡と古川で伝道をする。

1895年に7人が洗礼を受けた。三年後高山教会の会堂が建設された。1904年岐阜県古川で暴漢に襲われ、九死に一生を得る。

1905年東京木原で開拓伝道するが、日露戦争講和条約に関連した暴動で教会が焼き討ちに会う。1909年に中野に宣教師館を建てる。

その後、伊豆離島に伝道に行く。1926年日本を去り、アメリカ合衆国カリフォルニア州で隠居する。

参考文献[編集]