前田栄次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 栄次郎(まえだ えいじろう、明治7年1874年) - 昭和36年1961年))は、愛知県豊田市出身の実業家談合王と呼ばれた建設業界の実力者。

来歴[編集]

愛知県越戸村上井畑(現在の豊田市平戸橋町)の山田家に生まれる。後に、前田家に養子入りし、前田姓となった。なお、前田建設工業創業者前田又兵衛の一族であり、旧加賀藩主前田家ともつながりある。

福井県福井中学校を卒業後、土木・建設請負業を創業し、鉄道建設などを請け負い、財を成した。その後、朝鮮満州で事業を展開し、株式会社満州飛島組の取締役などをつとめた。

昭和8年(1933年)には、長野県軽井沢町内に8,000余坪の土地を買収し、日本で最初の貸別荘である前田郷を創業した。翌年には、故郷に前田公園を開設した。

墓所は神奈川県横浜市鶴見区總持寺にある。

参考文献[編集]

  • 前田栄次郎研究会編『前田栄次郎翁没後50年記念誌』