有島武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有島 武(ありしま たけし、1842年3月21日天保13年2月10日) - 1916年大正5年)12月4日)は、日本の官僚実業家鹿児島県出身。息子に作家有島武郎里見弴、芸術家の有島生馬など。なお、孫に俳優森雅之、曾孫に女優中島葵がいる。幼名・虎之助、武吉[1]

経歴[編集]

1842年薩摩藩郷士有島宇兵衛と妻・曾与(1821年 - 1894年)の長男として、現在の鹿児島県川内市平佐で生まれた。祖父の有島兼次は画人[2]1846年、宇兵衛が平佐領主北郷家のお家騒動(平佐崩れ)に巻き込まれて臥蛇島へ遠島となったため[2]、武をはじめとする家族は苦しい生活を強いられた。1856年に領主・北郷久信の近侍になる[2]1862年、久信に伴って江戸に行き、江川太郎佐衛門の塾で砲術を学ぶ[2]第一次長州征伐に従軍し、1865年に帰藩、鹿児島城下の洋学校「開成所」に入学し、園田孝吉鮫島武之助田尻稲次郎らとともに、松本弘安(寺島宗則)より英学を学ぶ[2]

明治維新後に上京し、町田久成の世話で、1872年大蔵省租税寮に出仕し、1877年、山内幸と結婚[1]1878年に長男・武郎が生まれ、同年ヨーロッパへ派遣される。帰朝後は大蔵省少書記官、横浜税関長、国債局長、関税局長など財務官僚として活躍した。

1893年、大蔵大臣の渡辺国武と対立して退官[1]、実業界入りし、京都鉄道会社、日本鉄道会社山陽鉄道第十五国立銀行などで取締役を務めた。1903年東京市会議員に当選して1905年まで議員を務めた。1916年、胃がんにより死去、享年75[1]従三位勲一等に叙せられる。

栄典[編集]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 里見弴・詳細年譜[リンク切れ]小谷野敦HP
  2. ^ a b c d e f 『新薩摩学風土と人間』鹿児島純心女子大学国際文化研究センター、図書出版 南方新社, 2003
  3. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  4. ^ 『官報』第7499号「叙任及辞令」1908年6月26日。
  5. ^ 『官報』第1303号「叙任及辞令」1916年12月5日。
  6. ^ 『明治閨秀美譚』鈴木光次郎 編 (東京堂, 1892)

外部リンク[編集]