ニール・ゴードン・マンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニール・ゴードン・マンロー

ニール・ゴードン・マンロー(Neil Gordon Munro、1863年6月16日 - 1942年4月11日)は、イギリスの医師考古学者人類学者

略歴[編集]

エジンバラ大学で医学を学び、インド航路の船医として29歳で日本にやってきた[1][† 1][2]横浜で横浜ゼネラルホスピタルで医師として、その後軽井沢サナトリウムの院長として働く。

一方、考古学にも深い造詣があり、日本の先史時代の研究をつづけ、1905年(明治38年)には横浜市神奈川区沢渡・三ツ沢付近にて、三ツ沢貝塚を発見し、発掘調査をしている。考古学の知識は母国で培われた。旧石器にかなり精通していたであろうことは、彼の遺品のフリント(燧石)製の旧石器(槍先形ハンドアックス)数点、エオリス(曙石器)一点などから推測できる。マンローは、ジャワ原人(現在はホモ・エレトウスに分類)の化石情報に接し、その一派が大陸と陸続きであった日本列島にも到達したのではないかと考えた。1905年(明治38年)の夏、神奈川県酒匂川流域の段丘礫層を掘削し、数点ではあるが石器とみられるものを見つけている。この活動は日本列島にも旧石器時代の人類が生息していたのではないかという自らの仮説を証明しようとしたものであった。[3]

日本人女性と結婚し、1905年(明治38年)に日本に帰化した。1932年(昭和7年)北海道沙流郡平取町二風谷に住所を移し、医療活動に従事する傍らアイヌの人類研究、民族資料収集を行った[2]。  

晩年[編集]

1933年に北海道に渡り、平取町二風谷(にぶたに)にマンロー邸を建てて暮らし、結核患者に献身的な医療活動を行った。アイヌと親しくなった彼は、9年後、ここで亡くなる時に、コタンの人々と同様の葬式をしてくれるよう遺言した。マンローの人類学関連の蔵書は以前から親交があったフォスコ・マライーニに譲られ、アイヌ研究の遺稿はマライーニからロンドン大学へ送られ、人類学者のセリーグマンの手によって『AINU Past and Present』としてまとめられた。

アイヌ文化の理解者であり、アイヌ民具などのコレクションの他、イオマンテ(熊祭り、1931年製作)などの記録映像を残した。映像の大部分は、網走北海道立北方民族博物館で見ることができる。彼の旧宅兼病院であった建物は、北海道大学に寄贈され、北海道大学文学部二風谷研究室として活用されている。一般公開はされていない。毎年6月16日マンローの誕生日は、二風谷では「マンロー先生の遺徳を偲ぶ会」が開かれている。

マンローのコレクションはスコットランド国立美術館に収蔵され、2001年の日本フェスティバルで公開された。

また、2013年(平成25年)に横浜市歴史博物館が開催したマンローをテーマとする企画展では、スコットランドにある日本の考古資料も含めた調査・展示が行われ、氏の業績が改めて評価された。

著書[編集]

  • 『先史時代の日本』第一書房(英文、復刻版、1982年)[† 2][2]
  • 『アイヌの信仰とその儀式』国書刊行会 2002年

参考文献[編集]

  • 桑原千代子著『わがマンロー伝―ある英人医師・アイヌ研究家の生涯』新宿書房 1983年
  • 横浜市歴史博物館2013企画展示図録『N・G・マンローと日本考古学-横浜を掘った英国人学者-』
  • 横浜市埋蔵文化財センター2004『埋文よこはま』10号 p.4 公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1891年(明治24年)、27歳の時、香港を経由して横浜に上陸した
  2. ^ 1908年(明治41年)に著す。原題 Prehistoric Japan

出典[編集]

  1. ^ 池澤夏樹『セーヌの川辺』集英社 2008年 p.78-81 
  2. ^ a b c 松藤和人著 『日本列島人類史の起源 -「旧石器の狩人」たちの挑戦と葛藤-』 雄山閣 2014年 p.12
  3. ^ 松藤和人著 『日本列島人類史の起源 -「旧石器の狩人」たちの挑戦と葛藤-』 雄山閣 2014年 p.13

参考文献[編集]

  • 松藤和人著 『日本列島人類史の起源 -「旧石器の狩人」たちの挑戦と葛藤-』 雄山閣 2014年 ISBN 978-4-639-02313-5 C0021

関連項目[編集]